フランスに来てください!

マイク・フィリップ, ス リー・バーン, ジェームズ・フック
マイク・フィリップ, ス リー・バーン, ジェームズ・フック

3年前から、プロラグビー選手の人気な移籍先はフランスです。ずっと前から近く退職する選手に日本はお金をかけて来てもらうようにアピールしています。以前はイギリスのプレミアシップ(Premiership)が人気でしたがその後の失敗例があったため、フランスのクラブがトップレベル選手を引きつけています。

ハイネケンカップの結果はそんなに良くないのに、フランスではラグビーの力はやはりクラブです。特にトップ14。

世界の国内リーグの中で、フランスのトップ14のレベルがどんどん高くなったおかげで、メディアは投資するようになりました。今はカナルプラス(Canal+)は毎年百万ユーロを放送権利のため使うが、ラグビーのおかげで百万ユーロを得ています。同じ時、DNACGは鋭くクラブの財政を検査します。モントーバン、ベジエ、ナルボンヌはこのDNACGの検査後財政が十分でないということでアマチュアのレベルに落ちました。

伝説的なウェルズのスクラムハーフガレ​​ス・オーウェン・エドワーズは最近ではフランスに行った方がいいと言っています。以前はイギリスから選手が来ることはあまりなかったけれど、最近はイギリスをはじめウェールズなどからもフランスに来ます。

2008年の6か国トーナメントで優勝したウェルズ代表メンバー、マイク・フィリップス(わたる村田選手のバイヨンヌ Aviron Bayonnais)、リー・バーン(クレルモン、AS Montferrand)、ジェーム・ズフック(ペルピニャン USAP というUnion Sportive des Arlequins Perpignanais)はエドワーズの忠告に従いました。

グートロ・スチーヌカンプ  (プロップ)

2011-2012年のトップ14とハイネケンカップは面白そうです。スーパー15より?ということもあり得るかもしれないけれど、まだまだレベルが違いすぎる・・・。スーパー15の試合を見た時、試合運びの速さに驚きました。特に試合の前半です。ヨーロッパのラグビーは速さが劣るとしても、スーパー15より興味深いこともあります。タクティックと結果が重要視されているからです。上記の有名かつ強い選手がヨーロッパのクラブに移籍しても、時には上手くいかないこともあります。それは試合視点の違いからということもあるようです。

広告

コメントを書く

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中