2011-2012 トップ14 の シーズン:今まで

スタッド・トゥールーザンのナンバー8、ギリアン・ガラン

今年ワールドカップが行われるので選手がいなくて、Top14のクラブは弱くなったと言われます。しかしスタッド・トゥールーザンはたくさん選手がいないのに強いですよ。
理由は若い選手を育てるので、毎年すごい選手が出ます。たとえばナンバー8ギリアン・ガラン選手(Gillian Galan、20歳、193cm、120kg)は毎試合出ます。その後マックアリスター(McAllistair)選手の影響はどんどん大切になった、本当のバックスリーダーです。メインメンバー でトップレベル選手がいます:ヤニック・ジョジオン選手、クレモン・ポワルトルノー 選手、フリッツ選手、ダヴィッド選手、ニャンガ選手はフランス代表に参加出来ます。
クレーモンも同様です。うまいコーチもいるし、若い選手とベテラン選手を混ぜた、いい結果(トゥーロンで勝った)をしました。

カストルの若いバックス、ポール・ボヌフォン(Paul Bonnefond)

カストルは状況を利用しました。 私はカストルのコーチが好きです。トラベー監督(Laurent Travers、元欧州リーグを優勝したブリーヴのフッカー)とラビット監督(Laurent Labit、元カストルとコロミエSO)はいいペアで、きた時から少しずつチームを変えました。しかし毎年大体同じチーム、新しい外国人メンバーは本当にチームにプラスをもたらします。南アフリカからSH ローリ・コッコッツ選手(Rory Kockott)はいい例えです。バックスでフランス人が多いのは、最近では珍しいことだと思います。

去年のチャンピオン、モンペリエは大変なシーズンに入りました。キーになる選手(ウエドラオゴ選手、トラン=デュク選手、ゴルゴーゼ選手)がいないし、ベンチのレベルが低いし、残る大切な選手がけがしたし、ランクは11位です。でももっと下、14位にはビアリッツですよ!びっくりですね。
何で?アリノルドキ選手とトライユ選手はそんなに大切な選手だとは信じられませんでした。前と大体同じチームです彼らがいないだけで。一番の問題はSOのポジションで誰もいないみたいです。

ペルピニャンでデルマス監督(Jacques Delmas、元グルノーブルとビアリッツのコーチ)はまだ奇跡を起こせません。

広告

コメントを書く

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中