頑張ったけど負けたフランス・・・トップ14に戻ろう

ワールドカップで優勝したニュージーランドはフランスとの試合で難しい時間を過ごしました。
フランス代表はチームでアグレッシブ的なラグビーをしたので、ニュージーランドのオーガニゼーション、特にラインアウト、を破りました。オフェンスプレーがあまりなかったけれど、1回か2回のオフェンスで試合に勝つチャンスがありました。
最後に普通の結果になりました。フランスの協会がうれしすぎてチャンピオンではないチームのためパーティを編成しました。これが分かりません。負けたから、負けを祝うのはおかしいと思います。悪いイメージと思います。その上ワールドカップが終わったあとすぐに選手は監督を批判します。元フランス代表選手はフランスラグビー協会が改善する必要を求めています。つまりフランスラグビー協会がもっとプロにならなければなりません。

その間にトップ14はつづけます!
スタッド・トゥールーザン 18対15 スタッド・フランセ

スタッド・フランセはチャンスがあったけど、コンテポミ選手のドロップが大きい間違いだったと思います。時間がなかったし、ディフェンスのボーナスも出来たし、10分でスタッド・トゥールーザンのラインの前でプレーしたし、トライを取れると思いました。
しかしワールドカップに参加した選手のおかげでスタッド・フランセがレベルアップしました。これから他のチームでもこの影響があります。
フランス代表の決勝メンバーはまだ試合に参加できなかったから、ビアリッツはまだこの影響を感じしません。クレルモンに対してまた大きい負けでした(41-0)。
カストルに対してラシングのSOはセバスチャン・デスコン選手(SH/SO、Sebastien Descons, 1986/1/13、175cm、69kg、元ポー)でした。彼はいい試合をした、10点を取りました。

今の予想:

TOP6:
トゥールーズ
クレルモン
ラシング
トゥーロン
カストル
ペルピニャン/モンペリエ

バイバイちん:
リヨン
ベグル・ボルドー

広告

コメントを書く

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中