2012トップ14のプレーオフ

カストル対モンペリエ 31-15:カストルマソイ選手のリベンジ!

この試合ははじめにマソエ選手ゴルゴーゼ選手の試合みたいでした。3分30秒ゴルゴーゼ選手はすごいパワーでマソエ選手にタックルして、5mも担いで移動しました。まるで子供をだき抱えているようでした。 7分、マソエ選手はゴルゴーゼ選手にタックルして、グラウンドで頭をポンとたたきました。すぐにゴルゴーゼ選手は怒っていた、これから集中が切れてミスバカリしていました。 しかし20分でモンペリエが早くプレーした、カストルの9番ラクランプ選手(Lacrampe)はシンビンになりました。

けどスコアは6-0だった、モンペリエがたくさんファウルをしました。 20分にラクランプ選手は相手の悪いディフェンスのおかげでトライを取りました。モンペリエのメイン9番がけがしたので、若いエスカンド選手(Escande)のはじめの試合でした。30分モンペリエの若いロック デマルコ選手(Mickael DeMarco)はシンビンになりました。 てきの9番、ラクランプ選手、の巧妙さの犠牲になりました。 カストルがテゥーレ選手(Romain Teulet、トップ14のベストキッカーと一番小さい選手、163cm、82kg)のキックで点を取ったけど、37分ツロウ選手(Alex Tulou)はトライをとりました。モンペリエはまだ生きていました!

後半にディアッラ選手(Ibrahim Diarra)のけがとテコリ選手(Iosefa Tekori)のレッドカードはカストルの問題でした。でもモンペリエはカストルのディフェンスを破れられないで、どんどんチームの集中がなくなりました。
遅すぎた、モンペリエのけがから戻ったファカテ選手(Aliki Fakate)は130kgとすごいパワーでTryをとりました。

ハイライト:

テゥーレ選手(Teulet)リンクをクリックしてください:

ツロウ選手(Tulou):

トゥーロン対メトロ・ラシング 92 17-13:ナレ選手のラストトップ14試合。

あまり面白くない試合でした。テンションが高すぎたのでミスが多いでした。前半ラシングは強かった、最後までぎりぎりでした。トゥーロンのミスが多すぎた、特にウィルキンソン選手(Wilkinson)の成績はひどいでした。

しかしハーフタイムからトゥーロンのプレーが変わりました。トゥーロン更衣室にこのベルナルド・ラポルテコーチの伝言が書いてある:

Mélée スクラム
Touche ラインアウト
Défense ディフェンス
Occupation 占領のキック
Patience 冷静
Combat ファイト
Discipline 規律

これで勝てました!簡単ラグビーだから・・・

ハイライト:

広告

コメントを書く

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中