2012トップ14準決勝

トゥールーズ 24対15 カストル :セルバット選手のラスト戦い!

昨日セルバット選手(William Servat、ニックネーム La Buche(ラ・ブーシュ、意味:薪)、HO、1978/02/09、184cm、110kg)の涙を見ました。今シーズンの決勝の後、ブルコーチ(Yannick Bru)がフランス代表のスタッフに入るので彼はスタッド・トゥールーザンのフォワードコーチになります。
あなたは6月20日と24日(東京)日本にいればセルバット選手を見えますよ。セルバット選手はBarbarians Français (フランスのバーバリアン)のチームメンバーだので、日本代表の試合に参加すると思います。

マソエ選手はまたいい試合したけど、昨日カストルのキッカーは点(だいたい15点)を取れられませんでした。その上二回トライをとらなければならなかった・・・しかし36分にフランソワ・クレール選手のすごいディフェンスのせいで、スコットランド代表のエヴァンス選手(CTB)は大きなチャンスをミスしまいました。
カストルの支配(グランドとフォワード)だったのに、トゥールーズのディフェンスを敗れなかったキックでプレーしたした、トゥールーズはボールを持っていました(67%)。逆にトゥールーズのすごいキッカーマカリスター選手(Luke McAlister)は全部のペナルティキックを出来ました。昨日彼はベストプレーヤーだったと思います。今のテレビのコンサルタントと元伝説アジャンの選手フィリップ・セラ (Philippe Sella)はマカリスター選手がすばらしい選手と言いました。
オフェンスラグビーがあまりなかった、やっぱりフォワードの試合でした!ラック、スクラム、ラインアウトにむごくて誠実な戦いでした。トゥールーズのCTBのディフェンスはすばらしかった:フリッツ選手ダビッド選手のタックルが痛そう・・・

つまり、カストルは悪くない試合をしたけど、トゥールーズがプレーオフの経験を持ちます。優勝のために、この経験が足りるかどうかわからないけど、ボクシス選手(今のミスタードロップ)かマカリスター選手はいつでも点を取るのが大切な利益ですよ。

ハイライト:

クレルモン  12対15 トゥーロン:ウィルコ IS BACK!

論争の的となったブドジェラル会長はほとんど自分の目的を成功しました。こんかいウィルキンソン選手(Jonny Wilkinson)はとてもいい試合しました。キックプレーと試合の経営は完全でした。オフェンスの場合はあまりコメントが出来ない、大体フォワードの戦いでした。ラックはとてもラフだった、バッキス・ボタ選手(Bakkies Botha)と サイモン・ショー選手(Simon Shaw)(と新フランス代表メンバークリストフ・サンソン選手 Christophe Samson)のおかげでこの戦いを勝てました。クレルモンのジェイミー・カドモア選手(Jamie Cudmore)などは悪い試合をしなかった(スクラムなど)、しかしクレルモンのオフェンスがトゥーロンのディフェンス無害でありました。ほんとに不安のプレーオフ試合でした!

ハイライト:

決勝はトゥールーズ対トゥーロンです!いい決勝だと思います。前の同じ決勝は1985年の決勝でした。トゥールーズの勝ちでした(36-22)。ギー・ノヴェスは選手でした・・・

ハイライト(1, 2,3の一部 ):

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
にほんブログ村

広告

2012トップ14準決勝」への2件のフィードバック

    1. ヨシザワさんコメントありがとう!リンクに日本のStade ToulousainのファンFacebookページを加えました。
      決勝の予想は何ですか?

      また参加してください。

      いいね

コメントを書く

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中