2012-2013フランスラグビートップ14:第16試合のハイライト

ペルピニャンのニコラ・マス(Nicolas Mas)選手はモルガン・パラ(Morgan Parra)選手をタックルする

結果

もう移籍のうわさを聞けるし、言葉の戦争は始まりました。最近うわさでウィリアム・セルヴァットコーチ(セルヴァという人もいる)は選手にもどりたいと言っていると聞きました、でもトゥールーズでじゃなくてトゥーロンでらしい・・・。他のホットなうわさはアイランドのジョナタン・セクストン選手(Jonathan Sexton)の移籍ですね。彼はフランスでラグビーをしたいと言った、ラシング・メトロに移籍するかもしれませんが、ラシングの社長はこの情報を否定しました。逆にラシング・メトロの社長の側近から、2012年6ネーションベストプレーヤーのダン・リディエイト選手(Dan Lydiate)、CTBのジェーミ・ロバーツ選手(Jamie Roberts)、プロップのソアネ・トンガウイハ選手(Soane Tonga’uhia)、トンガウイハ選手のプロップ仲間ブライアン・ムジャティ選手(Brian Mujati)、ロックのルアンドレ・クルガー選手(Juandré Kruger)、フランスウィンガー マルク・アンドリュー選手(Marc Andreu) とアドリアン・プランテ選手(Adrien Planté)、フランス代表界のホープフランカーヴェンセスラス・ローレ選手(Wenceslas Lauret)、強いプロップ ダビド・ヒンチャガシビリ選手(Davit Khinchagishvili)はラシングに移籍するかもしれないと言われました。トゥールーズの社長はジャン・ブーユー選手(Jean Bouilhou、FL、フランスとヨーロッパのベストラインアウトのジャンパー、フランスのハイネケンカップの試合の記録保持者(84回))の契約を更新しないといいました。ジャン・ブーユー選手は日本(大阪のチーム?)に移籍するとかもしれないと言われました。

南アフリカのロック、ルアンドレ・クルガー選手(Juandré Kruger)

つまり16試合目は変な雰囲気で行われました。結果を言うと、驚く結果がありませんでしたが、モン・ド・マルサン、バイヨンヌとビアリッツはゆっくりとですが目覚め始めたようです。
モン・ド・マルサンはトゥーロンに良く抵抗しました(15-9)。ホームでバイヨンヌはカストルに勝ちました(22-12)。結構いい試合でした。ビアリッツはトゥールーズに勝てると思ったけれど最後に負けました。ペルピニャンはトゥーロンとの好試合あと、同じレベルを保ち対クレルモンに勝ちました(26-19)。タオフィフェヌア選手はすごい試合をしました。ただ、16試合目ではたくさんのけが人が出ました。特にインターナショナルプレーヤーのクレール選手、デュラン選手のけがは痛手です。

試合のハイライト

ペルピニャン対クレルモン:ペルピニャンのロマン・タオフィフェヌア選手のトライは結構面白い!

トゥールーズ対ビアリッツ:ビアリッツが良くなってきた!

PS:アンケートをわすれずに答えてください!31日まで

広告

コメントを書く

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中