太平洋のフランスの島の選手 PART 2

島のプレーヤーをチームに受け入れるのは容易か?

ウィリー・タオフィフェヌア選手 ラグビー フランス グルノーブル
グルノーブルの時、ウィリー・タオフィフェヌア選手

はじめに受け入れた選手達はその時代の体格のよさにもかかわらずフランス代表チームでゲームすることはなかった。アンドレ・テヴェノ選手(André Thévenot、元カストル), 兄弟のウィリー・タオフィフェヌア選手(Willy Taofifenua ロマンの父、バックローとCTB)  と ジャン=ジャック・タオフィフェヌア選手(Jean-Jacques Taofifenua、HK、元モン・ド・マルサン、グルノーブル)、アブラハム・トロフア選手(Abraham Tolofua、PR、元グルノーブル、クレルモン), リオネル・ヴァイタナキ選手(Lyonel Vaïtanaki、LO、元グルノーブル、モントバン)は高いレベルでプレーをしていた。しかしウィリー・タオフィフェヌア選手だけがフランス代表に選ばれそうになっただけである。島の選手がフランスに来てプレーをするというのは意外にたくさんの障害があるようです。

  • 島とフランス本土での生活習慣の違い

島でもフランスであるには変わりないのですが、文化は大いに違います。まず生活リズムはすごく違います。ウォリス・フツナまたは他の小さなポリネシアの島にはほとんど車がありません。生活費はとても高く、将来の見通しはありません。また犯罪が多いのです。信頼関係は彼らにとって非常に重要で、たくさんの若い選手が仲介業者にだまされました。数人が橋の下で寝泊りしているのを発見されています。お金もなく、島の家にも帰れずです。

フランスでラグビーしていく上で、フランスの気候に適応することも必要です。島に比べフランスは寒いし、太陽があまり出ないところもあり、若い選手は落ち込み気味になることもあるのです。

  • 家族の重要性

彼らがフランスに着くとすぐ、島から来た人を見つけることが最重要になります。ウォリスの人はサモア語を話し、フツナの人はトンガ語を話します。バヌアツの人も同様です。たとえばジョセリーノ・スタ選手はフランスになじむことができた選手の一人です。なぜならトンガやサモアの選手と良い関係を築くことができたからです。そして彼ら(サモア人やトンガ人)がフランス語を通訳し、わざわざ英語を通すスタッフの通訳を飛ばすことができたのです。

  • ラグビーのレベルはあまり良くない

ニューベルカレドニでラグビーは主なスポーツではない。サッカー、バレーボール、バスケットのはるか後です。ラグビーは主にポリネシア出身の人や白人がやっています。体格がフィジーの人に似ているカナック(先住民)はあまりラグビーをしません。縞の一般的なラグビーのレベルはフランスのHonneurレベル(地方レベル)かフェデラル3です。

ウォリス・フツナでは、ラグビーは帝王です。15000人の住民中1500人がラグビーマンですが、少ない住民数からでは良い選手を毎年見つけることは難しいのです。

  • 金銭的にも難しい

レベルを上げることが難しいという問題点の中に島のラグビーはお金がないということ、若い選手を育てる機関がないということが挙げられる。フランスラグビー連盟はこの遠くのラグビー地方協会を手助けしません。2012年からJiffの新しいルール(2013年には選手数の60%をフランスで育てた選手にする、でももう変わってしまったが)のせいで、多くのフランスのクラブは良い若い選手をクラブラグビー育成機関に入れるために、島とのルートを発展させるようにしている。フィジーのあとクレルモンはスタッド・カレドニエンクラブと関係を結び、トゥールーズはURC デュンベアと関係を結んだ・・・。

ポリネシアの島から来ているトップ14の選手はだれ?

上記以外で2012-2013トップ14でフランス代表メンバーにまだなっていない選手:

  • ミカエレ・ツウガハラ(Mikaele Tuugahala、PR、186cm、116kg、1976/04/28、ラシング・メトロ)陸軍
  • セバスチャン・タオフィフェヌア(Sébastien Taofifenua、PR、178cm、130kg、1992/03/21、ペルピニャン) ロマンの弟
  • ピエール=ジル・ラカフィア(Pierre-Gilles Lakafia、WTB、186cm、95kg、1987/03/12、カストル)ラファエルの兄
  • アリキ・ファカテ(Aliki Fakate、LO、200cm、133kg、1985/09/04、モンペリエ)
  • ヴィトリオ・マヌクラ(Vitolio Manukula、PR/HK、178cm、118kg、1984/09/25、バイヨンヌ)
  • ヴァンサン・ペロ(Vincent Pelo、PR、187cm、133kg、1988/04/02、モンペリエ)

セバスチャン・タオフィフェヌアやアリキ・ファカテのように何人かはフランス代表にセレクションされるくらいのレベルを持つ。

PS : ブログ記事 コンテスト を忘れないで!

広告

コメントを書く

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中