オヨナ:住民28000人という小さい町のラグビーチームがトップ14に上がります!!

オヨナの紹介

オヨナ プロD2 トップ14 ラグビー フランス
オヨナはプロD2で雲の上にいる。

以前のブルゴワンの監督クリストフ・ウリオス氏(Christophe Urios)はリヨンとは対照的にスターなしで今年チームとすばらしい仕事(Good Job)をした。10年間の成果が実ったといえるだろう、そのうち7年間は彼とともにある。

初めのころ何人かのプロ選手が”プラスチックの谷”とよばれるオヨナに行くのを拒んでいるのをおぼえている。小さな町で、特に面白い催しものなどもなく、ジュラに似た気候であまりよくなく、チームにお金もない・・・。選手達は半プロ(つまりハーフタイムの仕事+ラグビー)で、ProD2のチームの中ではここのチームだけが長い間この体制でやってきた。2006年にやっと実質的にプロになることができた。このチームのジュニアはあまり良くない。若い選手達が集まらないのである。

それからオヨナはきちんと組織化し始めた、ゆっくりであるがクラブにお金も入るようにして、2011年ProD2 の決勝までたどり着いた。2012-2013年のチームは正真正銘の勝つためのマシーンだった。とても強い前線とすばらしく良いバックス。クラブの人事はチームを愛していて、2011-2012年の期待はずれの結果を水に流したい選手を主に残すことを考えた。2012-2013年のシーズン初めに、外から新しく入った選手はリベンジの精神を持ち備えている者たちだ。そして上手くいった、今年オヨナは少しの不安もなくProD2を1位で終え、そしてとても美しいラグビーを行った。証明にホームでのダックスとのすごい試合で、フォワードと3/4はすごくいい試合をした。

キープレーヤー

オヨナ FB フロリアン・デノス選手(Florian Denos)
オヨナのFB、フロリアン・デノス選手(Florian Denos)。

フロリアン・デノス(Florian Denos、FB、1985/05/20、183cm、86kg):スタッド・トゥールーザンでラグビーを学び、オヨナのキープレーヤーとトライゲッター。

ミロスラヴ・ネメチェック(Miroslav Nemecek、LO、1980/05/23、198cm、112kg、チェコ):オヨナのウォーリア!

ベンジャミン・ウルダピレッタ(Benjamin Urdapilleta、SO、1986/03/11、178cm、90kg、アルゼンチン):2012-2013年のPROD2ベストSOかもしれない。

ジョナタン・ブースケ(Jonathan Bousquet、FB/WTB、1988/03/05、170cm、70kg):上手なキッカー、2011年のプレーオフでフルハウス(Full House:トライ、コンベルション、ペナルティ、ドロップゴール)をやってのけた。

PS:コンクールの期限が迫っています。お急ぎください!

広告

オヨナ:住民28000人という小さい町のラグビーチームがトップ14に上がります!!」への1件のフィードバック

コメントを書く

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中