フランスラグビーの2013年のトップ14準決勝でカストルはクレルモンに対して勝ちました

フランストップ14準決勝 :カストルのエヴェレスト!

クレルモン対キャストル 9-25

何ということだ、クレルモンが負けた…。やはり先週のトゥーロン戦でたくさんの負傷者を出したことと、試合開始直後にキャプテンオーレリアン・ルジュリー選手(Aurélien Rougerie)、インターナショナルキッカーのモルガン・パラ選手(Morgan Parra)が怪我をしたことが響いているようだ。全体に疲れもあり、体力、パワー的に珍しくも精彩を欠いた。トップ14の決勝戦でトゥーロンとリベンジをするかと思っていただけに、少し残念だ。

キャストルの監督ロラン・ラビット(Laurent Labit)は、「ラグビーはフォワードが強くなければ勝てない、後の3/4が点数を決める」と言っている。今回まさにクレルモンはフォワードが負けていたので、試合でも負けてしまったと言わざる終えない。ただ、クレルモンは先週の試合もありこの試合に十分準備する時間もなかった、キャストルはそれに比べこの試合に準備できていたから勝てたのだとも監督は言っている。

キャストルのスタンドオフ レミ・タレス選手(Rémi Talès)がとてもよい試合をした。次のフランス代表テストマッチに呼ばれている選手だ。

トゥーロン対トゥールーズ 24-9

予想通り、トゥーロンは先週の疲れもあっただろうが、難なく勝利した。けが人のカバーも大体同じレベルの選手を出すという層の厚さを見せた。

対するトゥールーズはあまり良くなく、ラインアウトではボールを取られ、ノックオンが多かった。得点のチャンスがあったがものにできなかった。あまり良く準備ができていたように見えなかった。

ボタ選手とウィルキンソン選手のタックル:ごめんなさいカコヴィン選手!

バキス・ボタ Bakkies Botha ジョニー・ウィルキンソン ヴァシリ・カコヴィン Vasil Kakovin タックル

広告

コメントを書く

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中