ジョナタン・ペリシエ選手

2012-2013年のフランストップ14のベスト選手 第3回

ベストスクラムハーフ:ジョナタン・ペリシエ(Jonathan Pélissié、SH、179cm、80kg、1988/6/6、元グルノーブル、モンペリエの新メンバー)

グルノーブルのプロD2の2011-2012シーズンにとても大切な選手だった。フランスのトップ14の2012-2013シーズンでもペリシエ選手は不可欠な選手だった:24試合で99点:5トライ、20ペナルティ、7コンベルション。キッカーではなくても、必要ときにキックができる、二つの主なスキルはビジョンと断行を作るのだ。たとえば、彼はトゥーロンの試合に勝つためにトライを取った。

ジョナタン・ペリシエ選手
ジョナタン・ペリシエ選手

他の上手なスクラムハーフ:フレデリック・ミシャラック(Frédéric Michalak、SH、180cm、80kg、1982/10/16、トゥーロン、フランス代表、53キャップ)、ローリー・ココット(Rory Kockott、180cm、89kg、1986/6/25、カストル、今年の点結果:376点、セコンドのベストキッカー:336点)

ベストスタンドオフ:ジョニー・ウィルキンソン(Jonny Wilkinson、SO、177cm、89kg、1979/5/25、トゥーロン、元イングランド代表、91キャップ)

トップ14の決勝はあまりよくなかったけれど、今シーズン、ウィルキンソン選手は久しぶりのベストラグビーをやった。キックの能力は素晴らしい(373点、セコンドのベスト点結果けどベストキッカー、373点)、ディフェンスもオフェンスのときも、弱点がない。この2012-2013のシーズンに本当に世界のベストSOだったと思う。退職の前にまた1年間お楽しみください!

トビ・フラッド選手(左)とジョニー・ウィルキンソン選手(右)
トビ・フラッド選手(左)とジョニー・ウィルキンソン選手(右)

他の素敵なスタンドオフ:カミーユ・ロペズ(Camille Lopez、SO、175cm、98kg、1989/4/3、元ボルドー・ベグル、ペルピニャンの新メンバー、フランス代表、1キャップ)、レミ・タレス(Rémi Talès、SO、186cm、90kg、1984/5/2、カストル、フランス代表、2キャップ)、ルーク・マカリスター(Luke McAlister、SO、177cm、93kg、1983/8/28、トゥールーズ、ニュージーランド代表、30キャップ)

ベストセンターバック:ウェスレー・フォファナ(Wesley Fofana、CTB/WTB、178cm、92kg、1988/1/20、クレルモン、フランス代表、16キャップ)

スピード、アジリティとすごい加速の能力はフォファナ選手のメインスキルだ。2013年のシックスネイションズのイングランド戦で6タックルを回避して、70メートルのスプリントのあと、トライを取った。やっぱり彼のニックネーム「チーター」(フランス語でLe Guépard、ル・ゲパール)はうそではない。

ウェスレー フォファナ ラグビー
ウェスレー・フォファナ選手のハンドオフからトライをできた。

他の危険なセンターバック:マット・ギタウ または ギトー (Matthew Giteau、CTB/SO、178cm、85kg、1982/9/29、トゥーロン、オーストラリア代表、92キャップ)、フェリックス・ル=ブリス(Félix Le Bourhis、CTB/WTB、182cm、91kg、1988/04/07、ボルドー・ベグル)、ガエル・フィクー(Gaël Fickou、CTB、190cm、90kg、1994/3/26、トゥールーズ、フランス代表、1キャップ)

広告

コメントを書く

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中