フランストップ14第2節:オヨナの力が出た

トゥーロン 41-14 ラシング・メトロ・92
オヨナ 30-19 クレルモン
カストル 34-6 グルノーブル
ペルピニャン 27-28 スタッド・フランセ
トゥールーズ 40-3 バイヨンヌ
ビアリッツ 19-12 モンペリエ
ブリーヴ 25-12 ボルドー・ベグル

トゥーロン 41-14 ラシング・メトロ・92
ラシングはフルメンバーとトゥーロンに行った。ラシングのゲームシートで有名な名前が書いてあるけどグランドで誰も存在感を示さなかった・・・トゥーロンは本当に強すぎた、トゥーロンのWTBデビッド·スミス選手は特にいい試合した。プロップのヘイマン選手とシェリダン選手はラシングのプロップトンガウイハ選手とムジャティ選手を圧した。素晴らしいパフォマンスだった。

オヨナのスタンドオフ、ベンジャミン・ウルダピレッタ選手
オヨナのスタンドオフ、ベンジャミン・ウルダピレッタ選手

オヨナ 30-19 クレルモン
試合を見ない人はびっくりな結果だと思うけど私が試合を見たので、この結果に驚かない。前半でオヨナのフォワードはラックの戦いを勝った、アルゼンチン出身ハーフフィゲロラ選手(Agustin Figuerola、SH)とウルダピレッタ選手(Benjamin Urdapilleta、SO)がいいオフェンスプレーとキックプレーを作った。だから前半終了時20-0だった。後半はちょっと難しかった、クレルモンのフォワードは目を覚ましたし、20分間オヨナはボールを持ってなかった。その間、クレルモン(この試合)のベスト選手ベンソン・スタンリー選手(Benson Stanley、CTB)はトライを取れた。しかしオヨナはまたラックの戦いを勝った、フォワードとボールを守った、試合に勝てました。フォワードのベスト選手はジョディ・ジェネカー選手(Jody Jenneker、南アフリカ、HO、182cm、106kg、1984/04/10)と7番ヴァレンティン・ウルサチェ選手(Valentin Ursache、FL、ルーマニア、194cm、115kg、1985/12/08、44キャップ)。

ビアリッツ 19-12 モンペリエ
今シーズンからビデオ仲裁(Arbitrage video)があって、レフェリーを手伝う。しかしビデオ仲裁とレフェリーはおかしい決定をした。モンペリエは5トライを却下され、ラックから5メートルでいるロビンス・チャレ=ワットシュ選手(Robins Tchalé -Watchou、LO)にラックでパンチをしたのでイエローカードを受けた。ビアリッツのSHヤシュヴィリ選手がキックで点を取ったのに、ビアリッツの勝ちはビアリッツのパフォマンスと関係がない。

ペルピニャン 27-28 スタッド・フランセ
とても熱い戦いだった!乱闘があったけど、3回のシンビン(2パリ、1ペルピニャン)はファウルをしすぎた選手にだった。ペルピニャンはまた最後の時間で勝てると思ったけど、スタッド・フランセは今回プリソン選手のドロップゴールのおかげで勝った。オフェンスの時もディフェンスの時もペルピニャンはスタッド・フランセを支配した。しかし後半のはじめにミスが多すぎたし、ファウルが多すぎたので、パリはキックで点を取った。

広告

フランストップ14第2節:オヨナの力が出た」への1件のフィードバック

コメントを書く

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中