2013-2014フランストップ14第6節:不発のトランデュック選手

先週いなかったからブログに書けなかった、すみません。

ペルピニャン28-16モンペリエ

今試合でトランデュック選手は存在感がなかった。本当に。80分に彼はまたミスをした(ノックオン)、これで試合が終了した(ひどいね)。むらがある選手と言われたので、スキル以外にフランス代表に選ばれない理由かもしれない。

カストル22-15トゥーロン

ココット選手はマン オブザ マッチだった、キックの能力、ディフェンスとランニングスピードを見せた、すごい選手。彼は南アフリカ出身だが南アフリカ代表とキャップを持ってない、2014年1月/2月にフランス代表に選ばれる。今トップ14でココット選手とペリシエ選手(モンペリエのSH)はベストSHだと思う。(ペリシエ選手を知らない方は、ラグビーガイドを買ってね!)ココット選手のドロップゴールを良くみてください・・・すばらしい。

トゥールーズ31-7ビアリッツ

スタッド・フランセ25-18ブリーヴ

またブリーヴのフォワードの力が良かった、BD(ディフェンスのボーナス、1点)を取れた。

クレルモン27-13グルノーブル

ボルドー・ベグル35-10オヨナー

バイヨンヌ16-19ラシング・メトロ92

雨だったのに面白い試合だったと思う。サスペンスやテンションがあって、強いコンタクトとファイトがあった。さらに厳しい戦略があって、ラシングはセクストン選手のキックで勝った。バイヨンヌはまたいい試合をしたけどファウルをしすぎた。

広告

コメントを書く

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中