james o connor rct  ジェームズ・オコナー

2013-2014フランストップ14第14節:トゥーロンの影響

来シーズンからオーストラリア代表の若いWTBジェームス・オコーナー選手(James O’Connor)はトゥーロンに移籍する予定だし、イングランド代表のSOトービー・フラッド選手(Toby Flood)はトゥールーズに移籍する予定だ。またトップレベル選手が来るので、トップ14の闘技はまだ元気みたい。

トゥーロンの場合は特別だ。エルセテ(RCT = Rugby Club Toulonnais)の社長、ムラッド・ブドジェラル社長はラグビーの小さくて閉じた世界で新しい考え方を持ってきた。元会社の社長なので、フレッシュなアイデアがいっぱい、クリティカルなコミュニケーションを表現して、大きいプロジェクトを作って、彼は出身の町のクラブを復活させる。その上トゥーロンは今年たくさんの若いフランス人の選手を出す。彼を嫌いな人が多い、特にラグビーの歴史的な世界の中で、でも私が彼が好き。フランスのプロラグビーは変化中なのは良かった、フランス代表のために必要だと思う。

トップ14でトゥーロンは今シーズンそんなに独走しているわけではない、まだ優勝するチームの予測ができない・・・

しかしモンペリエの試合はすごかった。トゥーロンはいいレベルに戻った、特にフォワードと ジョニー・ウィルキンソン選手!ウィルキンソン選手の彫像をそろそろ立てるので、彼がまた元気になって良かったと思う。この試合の一番面白いことはボタ選手とゴルゴーゼ選手(来年彼はトゥーロンに移籍するけど・・・)のデュエルだった。二人は全試合刺激をした、本当に面白かった 笑。

モンペリエのチームがまだよく馴染んでいない。たくさん新しい選手が来たし、海外から選手が多いし、時間が必要。プレーオフに行けば、今よりもっと強いチームになると思う。

トゥーロン 43-10 モンペリエ

ハイライト:

全試合:

オヨナ 9-6 バイヨンヌ

トゥールーズ 18-16 ボルドー・ベグル (ボルドーのいい試合だった)

クレルモン 35-6 ビアリッツ

カストル 37-13 ペルピニャン

スタッド・フランセ 21-6 グルノーブル

広告

コメントを書く

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中