ムラッド・ブドジェラル社長(トゥーロン)

2013-2014フランストップ14第15節: 悪いスタートをしたチームのクリスマス!

明けましておめでとうございます!

29日は特別の日、クリスマスの休暇後で正月の前の試合だった。いい試合があった、スタッド・フランセ、グルノーブルとボルドー・ベグルの試合がサスペンスを持っていた。

その間のビッグニューズはブドジェラル社長(トゥーロン)のインタビュー。彼はリーグとラグビー協会に対して被害届を出す。リーグの場合はサラリーカップ(給料の上限)の設置とJIFF(フランスで育てる選手のリミット)に対して、協会の場合はインターナショナル選手の報酬システムに対してだ(この選手が国の代表にいる時クラブは給料を払わない、現在のシステムは国の代表でクラブで試合に出なくてもクラブが給料を払っている)。

結果

スタッド・フランセ  19-12  ペルピニャン

モンペリエ  48-22 ビアリッツ

ボルドー・ベグル  27-23 ブリーヴ

グルノーブル  20-16 カストル

クレルモン  33-19 オヨナ

バイヨンヌ  21-13 トゥールーズ

ラシング 14-3  トゥーロン

広告

コメントを書く

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中