franck corrihons 今のコーチ/監督はグルノーブル選手だった:フランク・コリホンス選手

2013-2014フランストップ14第22節: グルノーブルが沈んだ、まだ8クラブがプレーオフに行ける!

スタッド・フランセ、モンペリエ、トゥールーズ、ボルドー・ベグル、ラシング・メトロ 92、カストル、トゥーロン、クレルモンはまだプレーオフに行ける。あと4試合だけど、次の試合を見て、今のランキングを見れば、ボルドー・ベグルとラシングが不確か。ブリーヴとグルノーブルは第22節までチャンスがあったけど、お金持ちのチームではないので、プレーヤーのスクワッドは小さすぎる。グルノーブルがまたホームで負けた。それからメディアでクラブのマネージメントは14選手と契約を更新しないと言った。フェデラル1からのバックスコーチと有名なFBフランク・コリホンス監督(Franck Corrihons、FB、178㎝、82kg、1970/09/07、フランス7s代表、グルノーブルの選手時代:1993-2002、コーチ時代:2004-2014)は退職するので、グルノーブルが新しいサイクルに入ると思う。

franck corrihons 今のコーチ/監督はグルノーブル選手だった:フランク・コリホンス選手
今のコーチ/監督はグルノーブル選手だった:フランク・コリホンス選手

ビアリッツの負けはビアリッツの運命を決めた。18年間にフランスのトップレベルでラグビーをしたけど、来シーズンにProD2(プロD2)でラグビーをする。同じところ、すぐ隣の町、バイヨンヌはまだまだプロD2に落ちることから救われていない。落ちないために、オヨナと戦っている。バイヨンヌがこれからする試合は結構難しいと思う:モンペリエに行く、ホームでスタッド・フランセ、最後の試合はカストル・・・ グルノーブルの試合だけで4-5点を取れるかもしれない。オヨナは4試合中3試合で4-5点を取れると思う:グルノーブル、ペルピニャン、ブリーヴ(トゥールーズの試合が点を取れないかな)。

最後の4試合は面白そう!

第22節の一番面白い試合はまたボルドー・ベグルの試合だった!サスペンスと良いラグビーがあった。カストル対ブリーヴの試合は一番激しい:レッドカード3枚があった!

 カストル 38-6 ブリーヴ

グルノーブル 13-26 ラシング

バイヨンヌ 22-23 ボルドー・ベグル

クレルモン 22-16 トゥーロン

スタッド・フランセ 27-27 トゥールーズ

広告

コメントを書く

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中