203cm、140kgの巨人:オーストラリア代表の新メンバーウィル・スケルトン選手(Will Skelton、LO)

夏のテストマッチ:フランスとイタリアが沈んだ!

今週の試合は見えなかった、フランス代表と日本代表の試合は朝早いので。 フランス人がコーチするチームは大変な時間を過ごしている。フランス代表はオーストラリアで3回負けた。その3つの負けで2つの試合はとてもまずかった。結論付けることができるのはレベルが違うということ。フォワードコーチヤニック・ブル(Yannick Bru)は同じ観測をした。ジャック・ブルネル監督はイタリア代表と悪い夏テストマッチシリーズをした。秋のテストマッチよりヨーロッパのチームは毎年夏のテストマッチに負ける。理由はいっぱいあるけど、本当に進歩したチームや強い代表はラグビー協会のおかげで(協会と契約した選手など)メイン選手を守っている。その上、国代表と長い時間を過ごせるので、代表だけではなく本当のチームになる。だからサントアンドレ監督はフランスラグビー協会(FFR)とプロチームリーグ協会(LNR)とプロ選手組合(Proval)の合意に希望を抱く。合意について、2014-2015のシーズンからRWCのために30選手は「Groupe XV de France」と言う名のグループになる。目的は選手の体調を守って、シーズンにたくさんの試合に参加できない(例え:パペ選手は夏にフランス代表と行けなかった、32試合に出たから、疲れた)。もちろんFFRはLNRにお金を出す:4年間で21-23百万ユーロ + TOP14決勝の切符の売り上げ。私は良い一歩だと思うのに、フランス代表は長い時間代表として練習しようとしない・・・

現在のGroupe XV de France (ケガとパフォーマンスによって変化を出来る):

フォワード:Thomas Domingo (Clermont), Vincent Debaty (Clermont), Benjamin Kayser (Clermont), Dimitri Szarzewski (Racing-Metro), Nicolas Mas (Montpellier), Rabah Slimani (Stade Français), Alexandre Flanquart (Stade Français), Yoann Maestri (Toulouse), Pascal Papé (Stade Français), Sébastien Vahaamahina (Clermont), Damien Chouly (Clermont), Antonie Claassen (Castres), Louis Picamoles (Toulouse), Antoine Burban (Stade Français), Thierry Dusautoir (Toulouse), Bernard Le Roux (Racing-Métro), Yannick Nyanga (Toulouse), Fulgence Ouedraogo (Montpellier)

バックス:Maxime Machenaud (Racing-Métro), Morgan Parra (Clermont), Frédéric Michalak (Toulon), Rémi Tales (Castres), François Trinh-Duc (Montpellier), Mathieu Bastareaud (Toulon), Wesley Fofana (Clermont), Rémi Lamerat (Castres), Maxime Médard (Toulouse), Hugo Bonneval (Stade Français), Brice Dulin (Castres), Yoann Huget (Toulouse)

イタリア代表の場合はちょっと違う。カナダ、アメリカとスコットランドと同じ、イタリアの選手宝庫は少ないので、選択が広くない、トップレベル選手の中で競争が弱い。その後お金が足りない。だから日本と比べて速い進歩が出来ない。

日本代表のフォワードはすごい進歩をした!10の試合に続けて勝ったけど、大切な試合はワールドカップの時。その時に日本代表の進歩を批評される。

203cm、140kgの巨人:オーストラリア代表の新メンバーウィル・スケルトン選手(Will Skelton、LO)
203cm、140kgの巨人:オーストラリア代表の新メンバーウィル・スケルトン選手(Will Skelton、LO)

オーストラリア代表は元気になった、素敵なラグビーを表現した。ウィル・スケルトン選手(Will Skelton、LO、203㎝、140kg、1992/05/03、ニュージーランド出身、オーストラリア代表 1キャップ)はすごかった:彼は聡明に大きさを使って、チームメートにギャップを作った。もちろんデュエルの時に強いインパクトを出来るので、スケルトン選手のおかげで全チームは前に行けるまたゲインラインを渡る。イスラエル・フォラウ選手(Israel Folau)も良いテストマッチをした。

オーストラリア 39-13 フランス

ハイライト: http://www.youtube.com/watch?v=32oRRJc3FiA

日本 26-23 イタリア

ハイライト: https://www.youtube.com/watch?v=mJNip3wq8EY
フル試合:https://www.youtube.com/watch?v=22OaYg5cABI

広告

夏のテストマッチ:フランスとイタリアが沈んだ!」への2件のフィードバック

  1. フランスも残念ながら少々活気不足でしたね。北半球のチームにとっては日程が厳しすぎるかも。ちょっと話がずれて恐縮ですが、6月21日に行われた南アフリカ対ウェールズのテスト・マッチ二戦目をご覧になられましたか?凄い試合でしたね。ぞくぞくしました。

    いいね

    1. 南アフリカ対ウェールズのテスト・マッチ二戦目を見えなかった・・・泣
      面白そうだった・・・.38歳のマットフィールド選手が戻ったのにびっくりした!すごいよ。
      後ウェールズは北半球のチームの中でフィジカルな選手を持って、アタックプレーをして、強いチームだと思う。弱点はトップレベルの選手が少ないかな。

      いいね

コメントを書く

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中