サントアンドレ監督、ブドジェラル社長(トゥーロン)とカム会長(FFR)

フランス代表の将来:サンタンドレ監督のジレンマ

現在フランスでトップレベルでラグビーをするフランス人は少ない。サントアンドレ監督はベルビジエ監督(Berbizier)時代から比べて一番勝利が少ない監督。サントアンドレ監督は色んな言い訳を使う:フランスでフランス代表に入れる選手が少ない、クラブと試合が多すぎる、外国人が多すぎる、フランス風の選手の育て方が悪い・・・全部が正しい。ただ前の時も今とそんなに変わらない。各の監督は解決法を探し、選んで、使った。

サントアンドレ監督の問題は今まで自分で解決法をあまり決定しなかった。彼のオプションを分析すれば、とりあえず、太平洋の島からの選手で日本代表かニュージーランド代表と一緒、フランス代表に入れる強い外国人の選手(ココット選手、アルミテージ選手、ツルー選手など)を選ぶことが一番理にかなった解決法と言われる。フランスでこんな選手を育てないし、RWCの前に時間があまりないし、フランス代表に新しい血を加える。その上強くてもう十分に育ている、次の6ネイジョンズで影響が見えると思う。昔から(1906年)外国人はフランス代表に入ったいたので、問題がない。

サントアンドレ監督、ブドジェラル社長(トゥーロン)とカム会長(FFR)
サントアンドレ監督、ブドジェラル社長(トゥーロン)とカム会長(FFR)

しかしサントアンドレ監督じゃなくて、フランスラグビー協会(FFR)に問題がありそう。協会の老人たちはフランス風の育て方と今のシステムを守る、プライドを守る。この腐っているシステムを変化するために、トゥーロンのラポルト監督(Laporte)はFFRの会長になりたいと言った。私はたまにカン違いラポルト監督が好きじゃないが、今回彼のことを100%を応援する。それは彼がフランスラグビーのシステムを変えてくれると思うからだ。しかし、フランスラグビーのアマチュアにそれがどう影響するかはわからないところだ。

広告

コメントを書く

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中