2015年の6か国対抗:フランスの悲しいラグビー

フランスはまた悲しいラグビーを見せていた。本当に悲しいと思うよ!リスクが取らないし、メチャメチャつまらない。その上効率的ではない!ポイントを強調すれば、ディフェンスに当たった後いつもボールとグランドに倒れたので、ボールの流れが遅い。難しくてボールが落ちるかもしれないけど、コンタクトからパスが出来たらもっと危ないオフェンスプレーに成れると思う。今ディフェンスはちゃんともとへ返せる。

またフランスの欠点が出た、前のキャプテンパペ選手はバカなひざげりでシンビンになった・・・患者のヒースリップ選手は腰の骨端を壊れた。本当にバカ、10週間に出場停止になった、34歳だので最後シックス・ネイションズかもしれない!

バカの目で「びっくり、私じゃない!」みたい。あのパペ選手いつ考えるの? ・・・
バカの目で「びっくり、私じゃない!」みたい。あのパペ野郎 ・・・

フランスのディフェンスはまだ大丈夫だけど、ファウルをし過ぎて、トライを取れなくて、勝つことは難しい。アイルランド代表はいい戦略を立てたので、11月の試合結果を見るとなかなかいい感じだと思う。

スコットランドはまた負けたけど、またいいパフォマンスを出来た。ヴァーン・コッター監督の影響かな?

イングランド代表は弱いイタリア代表に勝った、多分ヨーロッパの一番強いサイドだと思う。

そういえば、私の出身ローマン市(Romans、フランス)の観光ガイドを出版した!興味があったら、読んでください!アマゾンキンドルとEPUBバージョンがあります。
トップ14のガイドはコボ 楽天である!)

広告

コメントを書く

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中