リオネル・ボクシス ボルドー・ベグル ミス 2015

2015年トップ14第26試合:プレーオフへ、ワールドカップへ!

第26試合の結果

:準決勝
:プレーオフ
:プロD2
:ヨーロッパカップの決戦試合
ラシング・メトロ 92 53-10 カストル
リヨン 29-24 グルノーブル
バイヨンヌ 45-12 ラ・ロシェル
モンペリエ 17-29 クレルモン
ブリーヴ 27-0 スタッド・フランセ
トゥーロン 46-17 オヨナ
トゥールーズ 23-22 ボルドー・ベグル

2015年プレーオフの予定

トゥールーズ 対 オヨナ (勝ったら、クレルモン対)
スタッド・フランセ 対 ラシング・メトロ92 (勝ったら、トゥーロン)

リオネル・ボクシス ボルドー・ベグル ミス 2015
ボクシス選手のミスのせいで、ボルドー・ベグルはプレーオフにいけない・・・スポーツは苦しいな~

23日の試合の動画はまだですけど、先週の第25試合があります。本当にオヨナは参加できないと思っていたけど、ボルドーのびっくり負けのおかげではじめてのプレーオフに参加します!すごくなったトゥールーズに勝てないと思うけど、いい感じです。いい流れのラグビーをしているトゥールーズは本当に本命になりました。
プレーオフの試合は来週(金曜日と土曜日:SportLemonに調べてください)、今日(日曜日)プロD2のTop14に上がる試合があります。決勝ですけど、1位のチーム(ポー Pau)はプレーオフに参加しません。

第25試合のハイライト

トゥーロン 22-19 クレルモン

スタッド・フランセ 35-21 モンペリエ

ボルドー・ベグル 38-22 バイヨンヌ

グルノーブル 32-11 トゥールーズ (フール試合)

フランス代表:次の監督とRWCの分隊

アジアで日本はまたアジア大会に勝ったけど、ちょっと疲れていたチームだったと思いました。準備中だので、毎試合の前半はあまりよくなかった・・・ケガがなかったらいい結果が出るかもしれません。

トップ14がまだ終わってないけど、36+1のチームを発表しました。可笑しいみたいけど、(爺の)フランスラグビー協会で同時次の監督を選ぶために5-6人の有名なコーチまたマネージャーは面接を受けます。出願者の中で、トゥールーズの伝説的なギー・ノヴェス (Guy Novès)、ボルドー・ベグルのラファエル・イバニェス(Raphaël Ibanez)、2003年優勝したイングランドのクライヴ·ウッドワード(Clive Woodward)、グルノーブルの監督ファブリス・ランドロー(Fabrice Landreau)、ファビアン・ガルティエ(Fabien Galthié)。今の本命はギー・ノヴェスですけど、サントアンドレが監督になった前ノヴェスがフランス監督の仕事を断りました。

しかし現在の監督、フィリップ・サントアンドレは難しい仕事をしました。選ぶのは本当に大変・・・ですが、ワールドカップのために隠れたリストと言うのはあります。大体50人が書いてあります。ケガがあったら、RWCの前かRWCの時にもこのリストの中で選手を選ばれます。日本よりフランスのサブはスターターのメンバーと大きい違い(レベル)がありません。

フォワード
プロップ: Atonio (La Rochelle), Ben Arous (Racing-Métro), Chiocci (Toulon), Debaty (Clermont), Mas (Montpellier), Slimani (Stade Français)
フッカー: Guirado (Toulon), Kayser (Clermont), Szarzewski (Racing-Métro)
LO: Flanquart (Stade Français), Maestri (Toulouse), Vahaamahina (Clermont), Papé (Stade Français)
FL: Dusautoir (Toulouse), Le Roux (Racing-Métro), Nyanga (Toulouse), Ouedraogo (Montpellier)
ナンバー8: Chouly (Clermont), Goujon (La Rochelle), Picamoles (Toulouse)

バックス
SH: Kockott (Castres), Parra (Clermont), Tillous-Borde (Toulon)
SO: Michalak (Toulon), Tales (Castres), Trinh-Duc (Montpellier)
CTB: Bastareaud (Toulon), Dumoulin (Racing-Métro), Fickou (Toulouse), Fofana (Clermont), Lamerat (Castres)
WTB/FB: Dulin (Racing-Métro), Guitoune (Bordeaux-Bègles), Huget (Toulouse), Nakaitaci (Clermont), Spedding (Bayonne)

大事なポジションで世界のレベルのSOがいないので、あまり良くないシーズンをしたロペス選手よりケガしたプリソン(Plisson)は37人目になりました。

広告

コメントを書く

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中