スクラムからのいいブラインドディフェンス

スクラムからのディフェンス:いつも強圧をしますか?

私はディフェンスが好きなので、探したキーワードで「スクラムからのディフェンス」が出てきました。スクラムからのディフェンスは簡単ではない、ミスがあれば相手はすぐにゲインラインを渡れて、ペナルティーまたトライのチャンスがよく出れます。ちょっと話してみましょう!
もっと詳しく知らたかったら、

リンクを開けて英語の説明を読んでください。また分からなかったら教えてください。(変な)日本語で説明を書けます。さあ、後はタックルして見よう!

  1. スクラムからブラインド・サイドのディフェンス

  2. スクラムからのいいブラインドディフェンス
    いいブラインドディフェンス

    スクラムからの悪いブラインドディフェンス
    悪いブラインドディフェンス

  3. スクラムからオペンサイドのディフェンス

  4. 右であるスクラムからのいいディフェンス
    右であるスクラムからのいいディフェンス

    左であるスクラムからのいいディフェンス
    左であるスクラムからのいいディフェンス

  5. スクラムからナンバーエイトのピック・アンド・ゴのディフェンス

  6. スクラムからのいいディフェンス:ナンバー8のピック&ゴ(場合1:9番は邪魔する)
    スクラムからのいいディフェンス:ナンバー8のピック&ゴ(場合1:9番は邪魔する)

    スクラムからのいいディフェンス:ナンバー8のピック&ゴ(場合2:9番は邪魔しない)
    スクラムからのいいディフェンス:ナンバー8のピック&ゴ(場合2:9番は邪魔しない)

ゲイン・ラインを守るから重要なのは反応の速さは大事だけど、アタックパターンによって違うロールがある。ディフェンスをする9番は一番大切な選手:スクラムに参加しなくて、相手の9番と8番を邪魔して、プレシャーまた強圧をします。

スクラムのディフェンスの大事なポイント:

  • コミュニケーションは一番大事
  • 反応速度が非常に重要
  • ボールをスローダウ
  • ブラインドの時、フランカーの相手はナンバー8、8はカバ(外と内)、WTBの相手はずっとWTB
  • ワイドのアタック時、右からのディフェンスは早くギャップまたスペースを締める
  • ワイドのアタック時、左からのディフェンスはタッチラインを使って、早く相手のSOに強圧を入れて、インサイドのギャップを締めて → オフェンスはどんどん外に行く、タッチラインまでかキック。FBはディフェンスをカバする。
  • 分からない時、ナンバー8はカバーして方がいい
  • 9番は一番大切な選手
広告

コメントを書く

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中