負けたけど、ジェファーソン・ポアロ選手(Jefferson Poirot、ボルドー・ベグル)ははいい試合をしました。 (ボールを持っている)

2016年トップ14第3試合:15点/15点ができたの?クレルモンだ!

全試合を勝った、全ボーナスポイントを得た・・・初めの3試合はクレルモンのショーみたいです。トゥーロンは2試合で負けた、社長の怒りのおかででスタッド・フランセで勝ちました。今回のベストチームはワールドカップに参加する選手はいないですね。しかしその中で上手な選手はいっぱい:グルノーブルのナンバー8グライス選手、ボルドー・ベグルの若いプロップポアロ選手(Jefferson Poirot、プロップ、181cm、105kg、1992/11/01、フランス出身)またCTB/WTBのナグサ選手とイングランド代表の元SOトビー・フラッド選手。

第3試合のベストXV
第3試合のベストXV

オヨナーはホームでよく頑張ったけど、前半をちょっと見たけど、やっぱりクレルモンとレベルは全然違います。ジュレルモンは強すぎるので、本当に勝つことを考えませんでした。でも面白い試合でした。モンペリエで南アフリカの監督はたくさん南アフリカの選手を呼んだ、何とかこのスタイルをちょっと見えますね(強いフォワード、強いインパクト)。フランスで南アフリカのイメージは安い値段として強い選手といわれます(ウィングの場合はフィジーの選手)。

負けたけど、ジェファーソン・ポアロ選手(Jefferson Poirot、ボルドー・ベグル)ははいい試合をしました。 (ボールを持っている)
負けたけど、ジェファーソン・ポアロ選手(Jefferson Poirot、ボルドー・ベグル)ははいい試合をしました。
(ボールを持っている)

結果

オヨナ 24-41 クレルモン

ラ・ロシェル 21-18 ブリーヴ

グルノーブル 41-15 ポー

アジャン 30-18 ラシング メトロ92

トゥールーズ 37-20 カストル

ボルドー・ベグル 22-24 モンペリエ

スタッド・フランセ 13-20 トゥーロン

フランス代表はその間スコットランド代表と戦ったけど、19-16で/に(?不思議な小さい言葉)勝ったのに、だめなパフォマンスでした・・・つまらなかったよ!プールステージから出れないと思うぐらい・・・(二つのハイライト)

シカゴでオーストラリア代表はそんなに簡単じゃないで勝ちました。アメリカ代表はとても良い前半をしましたね(38分の時10-14だった)。(アメリカのトライは二番目の動画)

ウェールズでイタリア代表は負けたけど、とてもいい試合をしました。練習試合よりRWCの試合が大事ですが、前の試合よりちょっといい感じと思います。流れは良くなりましたかな?(フール試合)

イギリスで日本はグルジアに勝ちました 13-10。フォワードの方またいい試合したけど、特に22mからのキックプレー(またプレッシャーが少なかった)はそんなに良くなかった・・・(ハイライト + 全試合)

広告

コメントを書く

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中