リーチ選手のトライ 日本 34-32 南アフリカ 2015年RWC

第1試合ワールドカップ2015:日本のびっくりパフォマンス!

すごい試合だったね!フランス代表の試合ではなく、日本代表の試合だよ。笑

日本の試合を見た後、まったくつまらないイタリアとフランスの試合を見たくなかった、本当に。勝ったけれど、ウジェ選手のケガは一番残念、多分フランス代表のべストオフェンスプレーヤー。彼の代わりのレミグロソ選手はWTBの専門家。とても上手なWTBだので、出ればいいと思う。

じゃあ日本の次の相手はスコットランド。

リーチ選手のトライ 日本 34-32 南アフリカ 2015年RWC
リーチ選手のトライ

日本のいい勝ち!

とりあえずもう一回南アフリカ戦を話そう。メディアを見れば、すべての日本代表はいい試合したことは間違いない。

でもでもすべてではない、畠山選手は少し下、スクラムが良かったのに、タックルを2回大きいミスをしました。小さなSOの小野選手はタックルに入るのを頑張ったのに、大きな畠山選手は怖かったのか跳んでいた・・・。田中選手、堀江選手、五郎丸選手、リーチ選手は同じレベルでMVPですが、私の心ではチームの爺達大野選手とトンプソン選手のファイトスピリットは最高だった。二人で最後まで戦った、汚いプレーをするスカルク・バーガー選手のせいで(かも)、トンプソン選手の顔がどんどん青になったけど、日本のプライドを守った。それはすごい・・・でもベンチのインパクトも忘れないよ!勝ちはマフィ選手とヘスケス選手のおかげで。ラグビーは連帯。連帯の初めは個人から、それは間違いない。

相手について:違う感じ?

次の相手は南アフリカより弱いといわれている。南アフリカは世界ランク3位だったけれど、色々な面で問題があった:アフリカーナズが多すぎて黒人と混血の選手の割当が少ない、ヨーロッパでラグビーする選手のパフォマンスが良くない、あまり出なかった選手が急に代表に戻った(デヴィリエキャプテンなど)・・・。それほど調子が良くない南アフリカチームだった、チームでラグビーをしなかった。とても強い選手ですが、若い選手より年のヴィクター・マットフィールド選手(38歳)は本当にいい試合した・・・それは可笑しくない??

スコットランドのLO達グレイ兄弟
スコットランドのLO達グレイ兄弟

逆にスコットランドは上昇:タレントを持っている選手が増えて、素敵なラグビーをやって、前よりいい結果が出ている。スコットランド代表の選手は全然違うメンタルを示すと思う。南アフリカよりパワーと力が少ない、スクラムのことも不安。しかし動きのよい選手が多い、スコットランドのスピード(特にスチュアート・ホッグ(Stuart Hogg)選手)は危ない。フランスでスコットランドはファイトスピリットを表現した、簡単ではありません。LOのグレイ(Gray)兄弟、力持ちのナンバー8ストラウス(Strauss)選手、デカイWTBショーン・ラモント(Sean Lamont)選手など、ビッグ・マンもいるし、厳しいディフェンスをしないとオフロード(コンタクトの後のパス)は以上に危険!良かったらガイドブックもみてみてください。

でも、日本代表は勝てると予想。ただ、カウンターアタックには気を付けてもらいたいね。次の試合ではスコットランドが試合を作るのではなく、受け身で来るはず。

スコットランド:

バックス(15番から):Hogg; Seymour, Bennett, Scott, Lamont; Russell, Laidlaw;

フォワード(1番から):Dickinson, Ford, Nel, Gilchrist, J. Gray, Wilson, Hardie, Denton.

サブ: Brown, Grant, Welsh, R. Gray, Strauss, Pyrgos, Horne, Maitland.

広告

コメントを書く

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中