フランス代表 アメリカ出身 アラン・ムアー選手

ラグビーは世界のスポーツ?アメリカの新プロリーグ

アメリカで、2016年からラグビーのプロリーグがスタートします。

まず6チームによりスタートし、シーズンを通して各チーム10試合を行う予定です。

実はアメリカでのラグビーの歴史は古く、1874年に行われたハーバード大学とマギル大学間の最初の試合がアメリカ初のラグビーの試合とされています。更に、ラグビーのアメリカ国家代表は1920年と1924年ので優勝しています。また、人々の記憶に残っているプレイヤーとして、アメリカ人のアラン・ムアー(Allan Muhr、1882年フィラデルフィア-1944年ノイエンガンメ強制収容所、LO/N8、フランス代表、3キャップ)は初期のフランスラグビーの重要人物でした。イングランドに対して得点を挙げた初めての選手とスタッド・フランセとラシングのキャプテン、アラン・ムアーのポジションはLOとナンバー8、フランス代表監督にもなりましたが、1944年にナチスの収容所で死を迎えています。

フランス代表 アメリカ出身 アラン・ムアー選手
アラン・ムアー選手

アラン・ムアー選手はフランスの大会を優勝しました(1901,1903)。同時にテニス選手(1901から1909まで)をやっていて、1909年の全仏オープンに参加しました。その後テニスフランス代表のキャプテン(1912、1922、1923)とフランスラグビー協会のマネージャーになりました:

1924年オリンピックのアメリカ優勝

アンリかとラグビーは今から?

米国内でラグビー人気が少しずつ上昇しているのは理由があります。米国ではアメリカンフットボールが依然、人気のスポーツでした。しかし、最近では怪我の深刻さが取り沙汰されるようになり、それによりラグビーを選ぶ学生が増えたようです。また、リオオリンピックの影響も除外出来ません。7S代表が、アメリカ人にこのスポーツを再発見させました。

2016年4月にスタートするプロラグビーは、各チーム30人のプレイヤーと最大5人の外国籍選手を登録出来ます。6チーム中分かっているのは、サクラメント、サンフランシスコ、フィラデルフィア、デンバーの4チームです。残り2チームは米東部から来る可能性がありますが、現時点では決定しておりません。実は、フィラデルフィアとデンバーのチームに関しては、非公式の発表で、シーズン開始前にまだ不透明感があります。放送契約もどこも行っておりません。商業的に成功するかどうかが注目を集めています。

アメリカ:プロラグビーのロゴ
アメリカ:プロラグビーのロゴ

今年の夏に行われたパシフィックネーションズカップでは、米国はかろうじて最下位を免れましたが(カナダが最下位)、今後大会は興味深いものになります。カナダも米国プロリーグへの再来年の参戦を表明しており、世界の勢力図が塗り替えられるかも知れません。パシフィックネーションズカップに参加した他チーム(トンガ、サモア、フィジー)などいくつかの太平洋のチームを導入することも興味深いと思います。次のワールドカップ(日本2019年)には米国代表チームのレベルがどうなっているかとても楽しみです。

広告

コメントを書く

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中