ホッグ スコットランド ラグビー

2016年・6ネイションズ第3試合と第4試合:フランスはどこにいるの?

苦しい負けではなかったと思います。新しいコーチの影響のおかげでちょっと良くなってきたけど、ギリギリの勝ちはそんなに安全ではありませんでした。ウェールズとスコットランドの負けは当たり前のことみたいです。ウェールズの100kg以上体重平均の前にパワーがかなり足りませんでした。また良く動けるバックローはスコットランドでダメでした。ディフェンスラインを渡れないと何も出来ません。フランスのディフェンスの中で逆にスコットランドのオフロードはすごかった:これからスピードは使いやすいので危ないオフェンスですね。

スピードはないと難しい。

パワーがないと無理。

その上スコットランドでフランスの強み(スクラムとディフェンス)を見ることができませんでした。それは怖い!最後の試合イングランド代表を止められないと思います。選手のレベルもびっくりしましたが、ポジションによっては代わりの選手はいません!

ホッグ スコットランド ラグビー
ホッグ選手のオフロード

ウェールズ 19-10 フランス

スコットランド 28-19 フランス

トップ14の第18試合

トップ14の第18試合の時、ラシング92の強さはまだ続けますね。スタッド・フランセはちょっとやばい(12位)・・・

スタッド・フランセ 16-34 ラシング・メトロ92

カストル 50-6 アジャン ダビッド・スミス選手の4トライ

広告

コメントを書く

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中