ジャン プラ フレンチ フレア フランス ラグビー

フレンチフレアが亡くなりました:ルルド時代のモリス・プラ選手も

戦争の後、50年時代、ベジエとルルドはフランスラグビーを支配していました。レジェンドのチームで伝説の選手も居ました。特に素晴らしいラグビーをしていたルルドでその選手がいました。

最後の生存者はMonsieur Rugbyと言うジャン・プラ選手の

弟、モリス・プラ選手(Maurice Prat、FL/FB/CTB、1928/11/28-2016/05/16、173cm、75kg、31キャップ)はとても厳しい選手でしたが、ジャンと「ルルドのスタイル」(”Jeu à la lourdaise”)を作りました。ルルドのスタイルはフレンチフレアの元だといわれた、スクラムまたラインアウトからチームで動きを考えて、ウィングのスペスを作っていくの戦略でした。現在のセベンズラグビーと似てます。

モリス プラ フレンチ フレア フランス ラグビー
ジャン(左)とモリス・プラ選手(右)

1959年モリスは31歳の時ジャン(現在36歳)と引退したけど、40歳過ぎもう一回出た(バックスが足りなかったので)、そしてコーチになりました。

次の動画は1960年の決勝ですので、プラ兄弟がいません。居なくてもルルドのラグビースタイルを見えると思います。

広告

コメントを書く

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中