フランスラグビー最新情報

ずっと何も書かずにいました。久しぶりです!長い沈黙申し訳ありません。もしかしてあんまり気にしなかった?

RWC 2019は日本にとって本当に素晴らしく、フランスにとってもそれほど悪くなかった結果でした。極論的には、ほとんどのファンは、Guirado、Picamoles、HugetやMédardが敗者としての国際キャリアをようやく止めるのを見て喜んでいました。(笑)

少し厳しい言い方をしますが、勝利率37%未満でファイトスピリットがあるにもかかわらず、どうやって信頼できるリーダーであり続けることができるでしょうか?

Lauret(FL、Racing 92)が出てましたが、彼は放送された会議で「夜に外出できるどうかをはっきりさせるために」新しいフランスのヘッドコーチGathiéに質問していました。)、これこそ新世代というヤツですね。

しかし、2019年9月以降、Federale 3のクラブでの私にとっての最後のシーズン(このレベルのクラブでプレーするのを止めたい!)でありますが、Federale 2から下位および若年者のクラスまでの新しいルールがテストされます。

フランス代表:新世代の勝者?

敗者がまだプレーしている間、U20 RWCで2度も健闘した若い選手たちは苦戦していました。 U20と上の国際レベルとの差が大きい場合でも、多くの人は新しい才能の波が来ていることを認めていましたが、多くの外国人がいるため、トップ14でチャンスをつかむのに非常に困難を感じていました。しかし、主要なプレーヤーが不在のRWCのおかげで、彼らはフィールドで膨大な時間を過ごすことが出来、良い結果を得ることができました。

また、いくつかのクラブは現在、代表チームのために貢献しています:SOとして若いCarbonnel、Racing 92でN°8 のジョーダン・ジョゼフ(Jordan JOSEPH、ナンバー8、188㎝、110kg、2000/07/31、メトロ・ラシング92、パリ市の近く生まれ、アンダー20才RWC2回優勝)、LOUまたはN’Tamackの強力なプロップDemba BambaがStade Toulousainの主要な選手として、チームは若くて才能のあるプレーヤーにチャンスを与えています。

そして、自信過剰なイングランドが学んだように、2年前にFederale 1でプレーしていた27歳のBouthier(FB、Montpelier)や、Le Roux(LO)とVakatawa(CTB / WTB)のような無名だった若者たちは、 Racing 92とフランスの両方で驚くべきラグビーをプレーしています!

チームが再構築されている現在の2020 6 Nationsにとっては良いことです。フランスは若い世代で、イタリアはParisseに別れを告げ、アイルランドはカリスマ的な指導者であるRory Bestを忘れる必要があり、スコットランドは小さなプレイメーカーかつキッカーのLaidlawを失いました。イングランドとウェールズのみが安定しており、継続的に機能しています。

しかし、フランスのラグビーでは、変化がより低いレベルで実際に始まりました。

フランスが新しいルールを実験中

シニアラグビーを始めてから、少なくとも2年ごとにルールが変わったと思います。現在、Federale 3(トップ14から下に5番目のレベル、アマチュアトップから3番目)では、テレビで見られるものと同じラグビーをプレーしていません。それは少し前の事でした:2017年、日本から戻ったときに私はそれに適応しなければなりませんでした。Honneur(地域レベル)では、単独でモールを崩す、タップタックル、タックルせずに地面に行く(ピックアンドゴーなど)、スクラムを押すこと(ボールをフックする場合のみ1.5 mは許可)は禁止されています。

しかし、今年、プレーヤーの安全性を高めるために、ラグビー運営協会に大きな圧力がかかっているため、9月からこの新しいシーズンの開始以来、さらに複雑なルールが課されています。

脳震盪の急増、ラガーマンの減少、そして私は保険費用もあると思いますが、ついに来年のトップ14で採用されるかもしれないタックルとコンタクトポジションに関する新しいルールの採用につながりました:

  • ボールキャリアーがヘッドからコンタクトに入ることはできません(危険なプレーに対するペナルティ)。
  • ボールキャリアーは、例えばボールを拾ってから相手の足を狙いに行くなど、地面に向かう同じ方向でコンタクトに入ることはできません(危険なプレーに対するペナルティ)。
  • レフリーはタックラーを明確に識別する必要があります。したがって、二重の同時タックルは禁止されており、ペナルティになります。ゴールラインの前にいる場合:ペナルティトライ + イエローカード。
  • タックルは腰の周りまたは腰の下で行わなければなりません。この線の上部は、ペナルティです。ゴールラインの前にいる場合:ペナルティトライ + イエローカード。
  • その結果、ボールへのタックルは禁止されています。ただし、ボールを奪い取ることは許可されています。つまり、肩に衝撃を与えることはペナルティです。一方、ボールに奪うためにボールの周りに手を持って来ることは問題ありません。

下記は、理解を深めるための、変更を説明するピクトグラムを含むビデオ(フランス語)です(元のフェースブックリンク)。

 

適応の欠如とレフリーの熱意のために最初のゲームが多く中断された場合は、状況は変化している証拠で、全体的に私たちのスポーツにとって良い変化だと思います。

オフロードが増加し、パスが増え、ゲームがより安全になりました。

レフリーがタックルの高さ(ボールの下= OK)に寛容であっても、大柄の選手でさえプレーとタックルに注意する必要があります。ただし、ボールキャリアーの位置は十分に考慮されていません。私たちのCO Le Puyとの試合を覚えています。2ポイントで負けました。彼らは、60分間でワンパスラグビーをプレーし、禁止された位置でのピックアンドゴーの後、トライしました。一方、我がチームメイトの1人はボールを奪い取った後、ハイタックルのイエローカードを受け取ることになりました。

全体的に2020年はフランスのラグビーにとって非常に興味深い年です。その進化のために良くなることを願っています!

では、Federale 3に残留するために直接のライバル(アウェー)との土曜日(2月7日、負け、23-20)の試合に集中します! 彼らは販促ゲームで制裁を受けたため、より厳しいものになりますが、頑張ります(同じプレーヤーが2回プレーしました。B&Aチームでは、プレーヤーは最大1ゲームでなければなりません)。

フランスラグビー最新情報」への3件のフィードバック

  1. お久しぶりです。
    今、日本ではラグビーブームで、トップリーグの観客数も増えてます。
    そんなタイミングでコロナ問題が出てきたので、折角のラグビーブームも終わる心配があります。
    今のフランス代表、面白いですね。

    いいね

    1. そうですね。どうしても安全が先です。
      若いフランス代表のメンバーが面白い、どこまで行けるかな?その上RWCは新しいルールを採用すれば日本代表とフランス代表のプレー似合うのでもっと面白いと思う!

      いいね

コメントを書く

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中