フランスラグビー:新しいルールの結果

前の記事で今シーズンフェデラル2から最低のレベル(ユースを含む)まで新しいルールがあります。

2月末France Inter(ラジオメディア)はコーチの世論調査から新しいラグビールールの結果を報告しました。

上:田中選手より小さいの元フランスキャプテンと監督ジャック・フールー(Jacques Fouroux、SH、163㎝、27キャップ、23回キャプテン、1947-2005)。ニックネームはPetit Caporal(小さいコーポラル)でした。

フランスラグビー協会の世論調査レポート

  • 回答者:1315クラブチーム
  • 満足度:60%
  • 頭の衝撃(ぶつかる事): -60%
  • ゲームの流れの進歩+55%

フェデラル2のポイントは:

  • パス数:+16%
  • ブレーク数(ディフェンスを破る事):+31%
  • キック数:-67%
  • ラインアウト数:-21%

フェデラル3のポイント:

試合の点広がりが小さくなった:-10点の結果が50%になりました。つまりデカイ選手のチーム(モールプレー、ピックアンドゴプレーなどばかり)の支配がゆるくなりました。

速くて小さい選手はまだまだいけるよ!

コメントを書く

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中