2012-2013フランスラグビートップ14:第12試合のハイライト


第12試合ハイライト

今回の興味深い試合はクレルモンとトゥールーズのはずだった。ラシング・メトロ(注意:レーシングじゃなくてラシングですよ)とスタッド・フランセの試合のほうがサスペンスがあり面白かった。ラシングが最後の最後にファブリス・エステバネズ選手(Fabrice Estebanez)の76分でのトライで勝っている。スタッド・フランセはそれまで15-13で勝っていた。しかしこの試合は質的にはそれほど良くなかった。 続きを読む “2012-2013フランスラグビートップ14:第12試合のハイライト”

広告

2012-213フランスラグビートップ14:第9試合と第10試合と第11試合のハイライト

インターナショナル試合の間も、トップ14試合はあります。

トップ14ではトゥーロンが優勝トロフィーのブークリェ・ド・ブレニュスを手に入れそうだ。バイヨンヌに対して信じられない勝利59-0(8トライ)は世間を騒がした。モン・ド・マルサンはまだ勝ちがなく、今後も勝つことは出来ないかも知れない・・・。すべてのチームがトップ14のレベルに達していないといえる。(しかし、チャンピオントップリーグには達しているかもしれないが)

グルノーブルはプロD2から昇進したもうひとつのチームであるが、こちらはトップ14ですばらしい出だしを見せている。ダイナミックな試合運び、スクラムはちょっと弱めであるが、試合を進め、ディフェンスも攻撃的である。フランカーのジョナタン・ベストフェデラル1からプロD2へ上がり、さらにプロD2からトップ14へ上がったことで知られているが、彼はグルノーブルのゲームのシンボルで、寛大で厳格である。彼はすべての上昇に際し常に向上し、今シーズンに関しては贅肉を落とし俊敏さを勝ち得ている。つまり、グルノーブルはよく練習しているのが見て取れる!

ビアリッツバイヨンヌボルドー・ベグルスタッド・ フランセ・パリそしてアジャンモン・ド・マルサンとともにプロD2に落ちないためにお互いの試合に力を入れてくるだろう。アジャン、ボルドー・ベグル、バイヨンヌはモン・ド・マルサンと運命を共にする可能性の程近くにいる。
第11試合でクレルモン対トゥーロンの試合はとても面白いでした。時間があったら、よく見てください。

続きを読む “2012-213フランスラグビートップ14:第9試合と第10試合と第11試合のハイライト”

フランストップ14の決勝 :トゥールーズのパワー

フランストップ14の決勝 トゥールーズ 18対 12トゥーロン

今シーズントライが少ないでした(116トライ、。今決勝もトライがなかった、ゴールキック(ペナルティ、ドロップゴール)だけでした。けがしたのに、マックアリスター選手の能力(6/6)はすごかった、どこでもキックを出来た、ウィルキンソン選手(4/5)よりも優れていました。スコアをみれば、ギリギリの勝ちみたいですが、トゥールーズはまたトゥールーズスタイルの力を証明しました。

本当のトゥールーズの力の秘密はオフェンスじゃなくて、フォワードとラックプレーと言われます。

  • フォワード

スクラムでHOのセルバット選手、左のスティーンカンプ選手(Steenkamp)、右のジョンストン選手は5回(8e, 18e, 21e, 35e, 73e)トゥーロンの強いスクラムを爆発させました。RCTの右プロップのクブリアシュビリ選手はイエローカードを受けた、RCTに対してスクラムから6回ペナルティが出来ました。
ラインアウトでブーユー選手(Jean Bouilhou、1978年/12/7、193cm、100kg、FL、元キャプテン、2010年のベスト”ラインアウト泥棒”)、セルバット選手の仲間、はとても上手なジャンパーだので、トゥールーズのボールを安全にとって、相手のボールを取られて、大切な利益です。

ジャン・ブーユー選手
ジャン・ブーユー選手
  • ラックプレー

みんなはフォワードの問題を思うけどそんなことではありません。
続きを読む “フランストップ14の決勝 :トゥールーズのパワー”