「No Scrum No Win」ヌヴェール対リール フェデラル1 準決勝2015年

プレーオフ:オヨナの大冒険と・・・フェデラル1の準決勝!

準決勝の道は難しいですよ。ベスト2チームの以外に次の4チームは激しく戦います!プレーオフの暑さ、プレーオフの音またバンダスの音楽、焼いているソーセージとビールの臭い、グランドで言葉が出ないけどパンチが出る・・・間違いないこれはフランスラグビーの味! 続きを読む “プレーオフ:オヨナの大冒険と・・・フェデラル1の準決勝!”

広告

2012-213フランスラグビートップ14:第9試合と第10試合と第11試合のハイライト

インターナショナル試合の間も、トップ14試合はあります。

トップ14ではトゥーロンが優勝トロフィーのブークリェ・ド・ブレニュスを手に入れそうだ。バイヨンヌに対して信じられない勝利59-0(8トライ)は世間を騒がした。モン・ド・マルサンはまだ勝ちがなく、今後も勝つことは出来ないかも知れない・・・。すべてのチームがトップ14のレベルに達していないといえる。(しかし、チャンピオントップリーグには達しているかもしれないが)

グルノーブルはプロD2から昇進したもうひとつのチームであるが、こちらはトップ14ですばらしい出だしを見せている。ダイナミックな試合運び、スクラムはちょっと弱めであるが、試合を進め、ディフェンスも攻撃的である。フランカーのジョナタン・ベストフェデラル1からプロD2へ上がり、さらにプロD2からトップ14へ上がったことで知られているが、彼はグルノーブルのゲームのシンボルで、寛大で厳格である。彼はすべての上昇に際し常に向上し、今シーズンに関しては贅肉を落とし俊敏さを勝ち得ている。つまり、グルノーブルはよく練習しているのが見て取れる!

ビアリッツバイヨンヌボルドー・ベグルスタッド・ フランセ・パリそしてアジャンモン・ド・マルサンとともにプロD2に落ちないためにお互いの試合に力を入れてくるだろう。アジャン、ボルドー・ベグル、バイヨンヌはモン・ド・マルサンと運命を共にする可能性の程近くにいる。
第11試合でクレルモン対トゥーロンの試合はとても面白いでした。時間があったら、よく見てください。

続きを読む “2012-213フランスラグビートップ14:第9試合と第10試合と第11試合のハイライト”