ヴァレンティン・ウルサチェ選手(赤)対 アリ・ウィリアムス選手(白):びっくりの結果!

2013-2014フランストップ14第8節:シンビンの日

スタッド・フランセ 18-11 モンペリエ

オヨナ 25-22 トゥーロン

バイヨンヌ  27-19 ビアリッツ

グルノーブル 12-12 ブリーブ

カストル 19-15 ラシング・メトロ92

ペルピニャン 20-16 トゥールーズ

クレルモン 40-11 ボルドー・ベグル

初めて日曜日の昼に試合があったけど私も試合があった(勝った!)ので、見えなかった。

 

クレルモン 40-12 ボルドー・ベグル

ボルドー・ベグルの新メンバー若いSOロマン・ロンカ選手(Romain Lonca、フェデラル2から来たけど上手)は試合した。彼のおかげで早くトライをゲットしたが、あまり良くなかったクレルモンの力はボルドー・ベグルのBチームを疲れさせようとした。しかしだめな試合だので、クレルモンが2つイエローカードを取ったけどボルドー・ベグルも5つイエローカードを取った。ボルドー・ベグルは 続きを読む “2013-2014フランストップ14第8節:シンビンの日”

広告

オヨナ:住民28000人という小さい町のラグビーチームがトップ14に上がります!!

オヨナの紹介

オヨナ プロD2 トップ14 ラグビー フランス
オヨナはプロD2で雲の上にいる。

以前のブルゴワンの監督クリストフ・ウリオス氏(Christophe Urios)はリヨンとは対照的にスターなしで今年チームとすばらしい仕事(Good Job)をした。10年間の成果が実ったといえるだろう、そのうち7年間は彼とともにある。 続きを読む “オヨナ:住民28000人という小さい町のラグビーチームがトップ14に上がります!!”

フランストップ14の決勝 :トゥールーズのパワー

フランストップ14の決勝 トゥールーズ 18対 12トゥーロン

今シーズントライが少ないでした(116トライ、。今決勝もトライがなかった、ゴールキック(ペナルティ、ドロップゴール)だけでした。けがしたのに、マックアリスター選手の能力(6/6)はすごかった、どこでもキックを出来た、ウィルキンソン選手(4/5)よりも優れていました。スコアをみれば、ギリギリの勝ちみたいですが、トゥールーズはまたトゥールーズスタイルの力を証明しました。

本当のトゥールーズの力の秘密はオフェンスじゃなくて、フォワードとラックプレーと言われます。

  • フォワード

スクラムでHOのセルバット選手、左のスティーンカンプ選手(Steenkamp)、右のジョンストン選手は5回(8e, 18e, 21e, 35e, 73e)トゥーロンの強いスクラムを爆発させました。RCTの右プロップのクブリアシュビリ選手はイエローカードを受けた、RCTに対してスクラムから6回ペナルティが出来ました。
ラインアウトでブーユー選手(Jean Bouilhou、1978年/12/7、193cm、100kg、FL、元キャプテン、2010年のベスト”ラインアウト泥棒”)、セルバット選手の仲間、はとても上手なジャンパーだので、トゥールーズのボールを安全にとって、相手のボールを取られて、大切な利益です。

ジャン・ブーユー選手
ジャン・ブーユー選手
  • ラックプレー

みんなはフォワードの問題を思うけどそんなことではありません。
続きを読む “フランストップ14の決勝 :トゥールーズのパワー”