ジャン プラ フレンチ フレア フランス ラグビー

フレンチフレアが亡くなりました:ルルド時代のモリス・プラ選手も

戦争の後、50年時代、ベジエとルルドはフランスラグビーを支配していました。レジェンドのチームで伝説の選手も居ました。特に素晴らしいラグビーをしていたルルドでその選手がいました。

最後の生存者はMonsieur Rugbyと言うジャン・プラ選手の 続きを読む “フレンチフレアが亡くなりました:ルルド時代のモリス・プラ選手も”

広告

ラグビー第2節・第3節:プレーが少なくて、退屈だ!

スクラムが上にあがって・・・またペナルティ・・・

例年であれば比較的予測のつきにくいシーズン序盤の試合だが(たしかに開幕時のチームはまだ未完成である場合が多いが)、どの試合も非常に退屈だった。たくさんのファール、イエローカード、パスの少なさ、技術的ロスが見られ、フレンチフレア(french flair)は完全に消滅した。

スタッド・トゥールーザンの2試合の実試合時間は約22分。これはあまりに少ない。
ファビアン・ガルティエ監督(モンペリエ)は、試合時間減少の主な原因としてスクラムを挙げている。というのはスクラムに費やされる時間は、ときには1試合で10分にまで達するからだ。攻撃するチームがしばしばペナルティを課されることは言うまでもない。1試合につき50以上のペナルティがあることも! 続きを読む “ラグビー第2節・第3節:プレーが少なくて、退屈だ!”