フランストップ14の決勝 :トゥールーズのパワー

フランストップ14の決勝 トゥールーズ 18対 12トゥーロン

今シーズントライが少ないでした(116トライ、。今決勝もトライがなかった、ゴールキック(ペナルティ、ドロップゴール)だけでした。けがしたのに、マックアリスター選手の能力(6/6)はすごかった、どこでもキックを出来た、ウィルキンソン選手(4/5)よりも優れていました。スコアをみれば、ギリギリの勝ちみたいですが、トゥールーズはまたトゥールーズスタイルの力を証明しました。

本当のトゥールーズの力の秘密はオフェンスじゃなくて、フォワードとラックプレーと言われます。

  • フォワード

スクラムでHOのセルバット選手、左のスティーンカンプ選手(Steenkamp)、右のジョンストン選手は5回(8e, 18e, 21e, 35e, 73e)トゥーロンの強いスクラムを爆発させました。RCTの右プロップのクブリアシュビリ選手はイエローカードを受けた、RCTに対してスクラムから6回ペナルティが出来ました。
ラインアウトでブーユー選手(Jean Bouilhou、1978年/12/7、193cm、100kg、FL、元キャプテン、2010年のベスト”ラインアウト泥棒”)、セルバット選手の仲間、はとても上手なジャンパーだので、トゥールーズのボールを安全にとって、相手のボールを取られて、大切な利益です。

ジャン・ブーユー選手
ジャン・ブーユー選手
  • ラックプレー

みんなはフォワードの問題を思うけどそんなことではありません。
続きを読む “フランストップ14の決勝 :トゥールーズのパワー”

2011-2012 トップ14 の シーズン:今まで

スタッド・トゥールーザンのナンバー8、ギリアン・ガラン

今年ワールドカップが行われるので選手がいなくて、Top14のクラブは弱くなったと言われます。しかしスタッド・トゥールーザンはたくさん選手がいないのに強いですよ。
理由は若い選手を育てるので、毎年すごい選手が出ます。たとえばナンバー8ギリアン・ガラン選手(Gillian Galan、20歳、193cm、120kg)は毎試合出ます。その後マックアリスター(McAllistair)選手の影響はどんどん大切になった、本当のバックスリーダーです。メインメンバー でトップレベル選手がいます:ヤニック・ジョジオン選手、クレモン・ポワルトルノー 選手、フリッツ選手、ダヴィッド選手、ニャンガ選手はフランス代表に参加出来ます。
クレーモンも同様です。うまいコーチもいるし、若い選手とベテラン選手を混ぜた、いい結果(トゥーロンで勝った)をしました。
続きを読む “2011-2012 トップ14 の シーズン:今まで”