カストルのCTBラムラ選手はトライを取りに行く。

2013-2014フランストップ14: プレーオフラウンド1、アウェーの勝ち!

二つの試合を見た。試合はクレルモンの試合の方がよかった。元のカストルの監督ロラン・ラビット監督(Laurent Labit)と ロラン・トラヴェル監督(Laurent Travers)がコーチしているチーム(ラシング)がまたトップ14の準決勝に進む資格を得ることに成功した。しかしまた同じミニマルラグビーで成功した!前のプレーオフを分析すれば、完成のチームは4つの強みを持っていた: 続きを読む “2013-2014フランストップ14: プレーオフラウンド1、アウェーの勝ち!”

広告
2013年のブレンヌス盾はカストル

トップ14:カストルはエヴェレストを登った!20年ぶりの優勝。

すごい。本当にすごい。一番のすごさはラビット監督(Laurent Labit)とトラヴェル監督(Laurent Travers)の影響だと思います。来年ラシング・メトロ92のコーチになるのに、彼らは厳しく仕事を続けた、だからこのチームと優勝出来た。

このチームはスターはいません。すべての選手がトゥーロンの選手より個人個人では弱いです。それがチームの力になると強くなります。さらには相手によって戦い方を変えてくるカストルの戦略でハイネケンカップやイングランドのプレミアシップのファイナリストを破った偉大なトゥーロンにも勝つことができた。

トゥーロン相手にどういう戦略をとったのか? 続きを読む “トップ14:カストルはエヴェレストを登った!20年ぶりの優勝。”