カストルのCTBラムラ選手はトライを取りに行く。

2013-2014フランストップ14: プレーオフラウンド1、アウェーの勝ち!

二つの試合を見た。試合はクレルモンの試合の方がよかった。元のカストルの監督ロラン・ラビット監督(Laurent Labit)と ロラン・トラヴェル監督(Laurent Travers)がコーチしているチーム(ラシング)がまたトップ14の準決勝に進む資格を得ることに成功した。しかしまた同じミニマルラグビーで成功した!前のプレーオフを分析すれば、完成のチームは4つの強みを持っていた: 続きを読む “2013-2014フランストップ14: プレーオフラウンド1、アウェーの勝ち!”

広告