カストルのCTBラムラ選手はトライを取りに行く。

2013-2014フランストップ14: プレーオフラウンド1、アウェーの勝ち!

二つの試合を見た。試合はクレルモンの試合の方がよかった。元のカストルの監督ロラン・ラビット監督(Laurent Labit)と ロラン・トラヴェル監督(Laurent Travers)がコーチしているチーム(ラシング)がまたトップ14の準決勝に進む資格を得ることに成功した。しかしまた同じミニマルラグビーで成功した!前のプレーオフを分析すれば、完成のチームは4つの強みを持っていた: 続きを読む “2013-2014フランストップ14: プレーオフラウンド1、アウェーの勝ち!”

広告

2011-2012 トップ14 の シーズン:今まで

スタッド・トゥールーザンのナンバー8、ギリアン・ガラン

今年ワールドカップが行われるので選手がいなくて、Top14のクラブは弱くなったと言われます。しかしスタッド・トゥールーザンはたくさん選手がいないのに強いですよ。
理由は若い選手を育てるので、毎年すごい選手が出ます。たとえばナンバー8ギリアン・ガラン選手(Gillian Galan、20歳、193cm、120kg)は毎試合出ます。その後マックアリスター(McAllistair)選手の影響はどんどん大切になった、本当のバックスリーダーです。メインメンバー でトップレベル選手がいます:ヤニック・ジョジオン選手、クレモン・ポワルトルノー 選手、フリッツ選手、ダヴィッド選手、ニャンガ選手はフランス代表に参加出来ます。
クレーモンも同様です。うまいコーチもいるし、若い選手とベテラン選手を混ぜた、いい結果(トゥーロンで勝った)をしました。
続きを読む “2011-2012 トップ14 の シーズン:今まで”