トゥールーズの伝説コーチ

2011年トップ14 優勝

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッド・トゥールーザンはまたフランスTOP14 の勝者になりました。強豪モンペリエに対して15-10でした。

 

今年のチームはゲームを制しました。

ハイネケンカップの準決勝、フランスTOP14のウイナーで、試合内容は効率的なプレーをしていました。ラグビーの試合というのは、勝者がいつも良いプレースタイルがあるとは言えないのですが。この試合ではスタッド・トゥールーザンはまさに素晴らしいプレースタイルがありました。

先生のおかげで、毎年、数年間、スタッド・トゥールーザンはすべての方面でスムースラグビーを促進しました。

彼は早くユースアカデミーの有効性を理解したので、フランスのすべての最高のクラブで元スタッド・トゥールーザンで育った選手を見ます。スタッド・トゥールーザンのチームはいつも若い選手(今年Doussain デュサン、 Bezy ベジなど)を育てて産出します。

もちろん他のクラブ同様、他チームから選手を買うけれど、毎年5人ぐらいまでです。そのうえに選手は長い時間(五年間からぐらい)スタッド・トゥールーザンでラグビーします。スタッフも変わらず、もし変わったとしてもOB(たとえば元フッカーBru ブルと元SH Elissade エリサド)がスタッフになるなどです。

フランスではけっこう例外的な事です。

つまり、このチームのメンバー、スタッフはあまり変わらないので、テクニカルとタクティックスキルがチーム全体に浸透していて、皆が同質のスキルを共有している。

最終的にこの優勝の後、ノベス先生はコーチを辞めると言われました。しかし今までの体系を保つのであれば、スタッド・トゥールーザンの伝説は続くと思います。

ギー ノベス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(最後にギー ノベスは来年またスタッド・トゥールーザンのコーチします)

広告

トゥールーズの伝説コーチ」への1件のフィードバック

コメントを書く

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中