バイヨンヌのフォヌア選手

2013-2014 トップ14 第1試合

モンペリエ 22-22 トゥーロン
いい試合だったけど本命同士の戦いは同点だった。しかし前半でトゥーロンはあまり何もできなった、ウィルキンソン選手のおかげでトゥーロンは試合に戻れた。

ビアリッツ 18-22 クレルモン
弱すぎるビアリッツはこの試合を全然勝てない。クレルモンは簡単に勝った、またいいシーズンができると思う。

ラシング メトロ 92 19-14 ブリーヴ
いいディフェンスをした、ファイトのあるブリーヴはラシングのグランドでボーナスの1点を取れた。

グルノーブル 19-16 スタッド・フランセ
一番つまらない試合だった、ノックオンとファールばかりの試合だった。天狗になっているスタッド・フランセ(最後の時間に2-3つのペナルティがあった、けどキックを選ばなかった・・・)、グルノーブルは落ちないのためのレースでいいスタートを切ることができた。


ボルドー・ベグル 31-25 トゥールーズ
ボルドー・ベグルの勝利は戦略が良かったからだ。イバニェス監督たちはティボー・ラクロワ選手(Thibault Lacroix、193cm、105kg、CTB、1985/05/14)と真ん中のバックスラインを強化した。トゥールーズのプレーを抑えたけど、60分からトゥールーズはボルドー・ベグルのラインに圧力を加えた。残念ながらトゥールーズはファールをしすぎた、最後の時間で三回ボルドー・ベグルのキッカーピエール・ベルナー(Pierre Bernard、SO、187cm、87kg、1989/01/31)は9点を取った。

バイヨンヌのフォヌア選手
バイヨンヌのフォヌア選手

バイヨンヌ 39-11 オヨナ
オヨナは規律を正しく守らなかったし、大差で負けた。しかしオヨナはいいオフェンスプレーをした、落ちないのためのレースで希望がある。バイヨンヌはいい試合をしたし、オフェンスのボーナス(5点)を取れた。バイヨンヌの新ナンバー8、大きいフォヌア選手はいいスタートをした。


ペルピニャン 26-23 カストル
フランス代表でペルピニャンの新メンバーカミーユ・ロペス選手のおかでペルピニャンは80分に勝てた。

広告

コメントを書く

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中