ビスマルク・デュプレッシー選手対フォファナ選手

テストマッチ秋2013:フランス代表は南アフリカ代表のブルドーザーに潰された!

フランス 10-19 南アフリカ

南アフリカのスタイルはニュージーランドと全然違う。オールブラックスに比べて、遅いけれど攻撃的でシンプルなラグビーをする。テクニックやスピードより選手の力と鍛えられた大きな体をよく使う。フランソワ・ロウ選手(François Louw, FL)はラックとディフェンスですごかった、いつもフランスのオフェンスプレーを殺した。インパクトの時、南アフリカ代表の選手は85%相手に勝った。でもフランス代表はラックに入るのが結構遅かったので、重い力もちの選手、ビスマーク・デュプレッシー選手(Bismarck Du Plessis、HO)かエイドリアン・ストラウス選手(Adriaan Strauss、HO)など、を動かせなかった。

悪い試合をした(7点をあげた、すぐの後簡単なキックをミスした3点)モルガン・パラ選手(Morgan Parra、SH)は大怪我(ひざ)をした、6ネイションズに参加出来ない。パスカル・パペ選手はBlacksの試合よりいいパフォマンスだった。他のLOに比べてちょっと遅いが、彼の大きい体は今回動きよりもファイトがあるので、とても必要だった、特にラックでよく頑張った。オフェンスの時バックローはちょっと地味だったが、ディフェンスの時 ティエリー・デュソトワー選手と ヴェンセスラス・ローレ選手は良いタックルをした。動きのよいシュリ選手はBlacksの試合にいい試合したが、Boks相手に強いインパクトを出来なかったので、ちょっと難しかったと思う。シュリ選手のスキルよりもピカモル選手の力が必要だったと思う。バックスの中でフォファナ選手とウジェ選手だけがオフェンスプレーを作ろうとしていた。ベンチから出たバスタロ選手はいい試合をした。

また残念ですけど、フランス代表はリミットを見せた。オフェンスの時、ラックのサポートが遅すぎた、たくさんボールを失った。その上ブラックス相手にスピードが足りなかった、今回もフィットネスの問題だった、ボックス相手には力が足りなかった。今年フランス代表はいっぱい負けた:11試合で8負・・・

広告

コメントを書く

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中