上手なキッカー:ヴァランタン・クーラン選手(また「クラン」)

2013-2014フランストップ14第12節:カストルとビアリッツのアウェーの勝ち!

カストルはいつものFBデュラン選手が居なかったので若いFBジョフレー・パリス選手(Geoffrey Palis、FB、フランス、187cm、87kg、1991/07/08、前のクラブ・・・)が出場した。彼のおかげで勝った、彼はすごいパフォマンスをした。クレモンは強そうなラシングを40点以上離して勝った、びっくり!ラシングで新しいコーチは難局に直面している。ラビット監督は自分選ばなかったが移籍してきた選手(大体スター選手)で戦士の精神を持たない者とは働けないと言いました。スターより兵卒が必要だと。

ビアリッツはまだ生きている、ブリーヴで勝った。厳しい戦いだった!まだびりだが、勝ったので、ビアリッツはまだ希望がある。

しかしサスペンスがあった試合はバイヨンヌ対グルノーブル。グルノーブルのコーチは試合に負けたあと、レフェリーを批判した。レフェリーは大きなファウルを処罰しなかた:

  • アントニー・ヘガーティ選手(Anthony Hegarty、HO、オーストラリア、183cm、102kg、1987/05/11)はトライをゲットした時マヌ・アオテイロア選手がパンチをした、ビデオを見たけどレフェリーは何もなかったって言いました。
  • バイヨンヌのラインの前でバイヨンヌの選手(特にSH)はブレイクダウンを遅くしたかグルノーブルのSHを邪魔した。もちろんルールによってこの行動はだめ、でもまたレフェリーは問題がないと言いました。
  • 最後の時間、スクラムが多かった。グルノーブルのフォワードの強いプレッシャーのせいで、バイヨンヌのスクラムが爆発したが、またレフェリーはバイヨンヌのスクラムを処罰しなかた。

    上手なキッカー:ヴァランタン・クーラン選手(また「クラン」)
    上手なキッカー:ヴァランタン・クーラン選手(また「クラン」)

その上、グルノーブルの(ちょっとお腹が出る)SHとキッカーヴァランタン・クーラン選手はペナルティーキックを失敗した。またその上シンビンの後相手が14人になったが、その間にグルノーブルは点を取れなかった。でも相が点を取った!!
この条件で勝つことが難しかったと思う。本当に残念・・・

ブリーヴ 9-14 ビアリッツ

モンペリエ 16-20 カストル

クレモン 47-14 ラシング

バイヨンヌ 24-21 グルノーブル

ボルドー・ベグル 45-23 スタッド・フランセ

広告

2013-2014フランストップ14第12節:カストルとビアリッツのアウェーの勝ち!」への1件のフィードバック

コメントを書く

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中