サラセンズのフランカーとナミビア代表のキャプテン:ジャック・バーガー選手

2013-2014ハイネケンカップ:準決勝

サラセンズ 46-6 クレルモン

トゥイッケナムでクレルモンは沈んだ。攻撃的なサラセンズのディフェンスは全試合でクレルモンを押殺した。しかし分析してみると疲れがみえるクレルモンはサラセンズに勝ちを贈ったようにみえた。ラックの時本当に柔弱だったと思う。その上オフェンスの時クレルモンの選手はスピードが無かったし、いつもワイドプレーをしたし、ディフェンスを破れなかった。ディフェンスを破った時はラックの近くだった。でも皆外でボールを待っていた、サポートが足りなかったから、タンオーバーだった。試合かハイライトを見れば、ハインズ選手は4-5回ディフェンスラインを渡った、オフロードを出来そうだったけど彼の路線に誰も来なかった。クドモア選手も同じプレーしたとき、フォファナ選手が来たけど、5mのライン前で転んだ。スピードをかけたり、外/ワイドよりもっと近くでプレーをしたら、多分結果は違ったと思う。

サラセンズのプレーは色々なので、素敵なチームだと思う。状況によってキックプレー、カウンターアタック、フォワードプレーなどをしたけど、ディフェンスが特に素晴らしかった。バックローたちは特に上手だった:力持ちナンバー8ビーリー・ヴニポラ選手、スコットランド代表元キャプテンケリー・ブラウン選手、今試合のベスト選手で勇敢、一番攻撃的なジャック・バーガー選手(FL、Jacques Burger、188㎝、105kg、1983/07/29、ナミビア代表、29キャップ)、三人ですごい試合をした。ブラウン選手とバーガー選手はクレルモンのオフェンスの時ラックでいつも邪魔をし、ボールを遅くした。これによってディフェンスする方はもっと簡単になったよ。

サラセンズのフランカーとナミビア代表のキャプテン:ジャック・バーガー選手
サラセンズのフランカーとナミビア代表のキャプテン:ジャック・バーガー選手(鼻をよく壊した)

ブロック・ジェームス選手(シンビン+ ミスからペンルティートライがあった + よくないキックプレー + オフェンスで解答を見つられなかった)とモルガン・パラ選手(ラックに入りすぎた + レフェリーに話しすぎた)は今試合でとても悪かった・・・クレルモンのN8リー選手はケガをした(前半30分)、ゲルハル・ヴォスルー選手が出た、良い試合をした。LOたちネイサン・ハインズ選手とジェイミー・カドモア選手も良い試合をした。

全試合1stハーフ:

全試合2ndハーフ:

ハイライト:

トゥーロン 24-16 マンスター

トゥーロン マンスター ラグビー バスタロ選手 Bastareau
バスタロ選手はマンスターのディフェンを困らせた。トゥーロンの肉体的な支配

「純粋な力とラグビースター対共同の力とモール専門家」の試合だった!トゥーロンは全試合で肉体的にマンスターを配したけど、ウィルキンソン選手のおかげで点を取った。その上、規律の乱れがあったとき、マンスターメンがスコアを戻してきた。ジョニー・ウィルキンソン選手はすごかった!彼の素晴らしいキックプレー以外に、ウィルキンソン選手はタックルマシン、ラックでコンテストをする・・・ 完璧な選手だけど大切な試合の時精神面またファイトスピリットがとても高いおかげでウィルキンソン選手はトップレベルのパフォマンスを出来たと思う。

全試合:

ハイライト:

広告

コメントを書く

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中