クレルモンで負けた:ロマン・テラン選手(Romain Terrain、HO)とペルピニャンの涙

2013-2014フランストップ14第26節:最後!さよならペルピニャン

結果:

ボルドー・ベグル 54-20 ビアリッツ バイヨンヌ 23-13 カストル トゥールーズ 38-8 グルノーブル クレルモン 25-22 ペルピニャン モンペリエ 44-10 ラシング・メトロ・92 トゥーロン 17-15 スタッド・フランセ ブリーヴ  19-17 オヨナ 良い試合が多かった!良かった!

クレルモンで負けた:ロマン・テラン選手(Romain Terrain、HO)とペルピニャンの涙
クレルモンで負けた:ロマン・テラン選手(Romain Terrain、HO)とペルピニャンの涙

ハイライト:

トゥールーズ 38-8 グルノーブル http://www.youtube.com/watch?v=yFaDNDQwE-0 ボルドー・ベグル 54-20 ビアリッツ http://www.youtube.com/watch?v=s-6lHoNuGdE モンペリエ 44-10 ラシング・メトロ・92 http://www.youtube.com/watch?v=TlmOfQ6zxyQ バイヨンヌ 23-13 カストル http://www.youtube.com/watch?v=PH0VXFtnN6w トゥーロン 17-15 スタッド・フランセ http://www.youtube.com/watch?v=wvlVgOgsxIg ブリーヴ  19-17 オヨナ http://www.youtube.com/watch?v=y0B5IUbVAY4 クレルモン 25-22 ペルピニャン http://www.youtube.com/watch?v=BrWucki4m_w

プレーオフ:

5月9日(夜8時半)、試合1: トゥールーズ 対 ラシング・メトロ・92 5月10日(午後4時半)、試合2:クレルモン 対 カストル

準決勝:

トゥーロン 対 試合1の勝者 モンペリエ 対 試合2の勝者

予想:

ホームでトゥールーズとクレルモンは勝つと思う。しかしトゥールーズの場合は相手が強い。ラシングのパワーはトゥールーズのスタイルを支配するかもしれない。 準決勝はトゥーロンとクレルモン(勝ったら)。 ヴァーン・コッター監督はスコットランド代表のマネージャーになる前にクレルモンと最後のシーズンで優勝をしたいといいました。これで選手のモチベーションはとても高いと思うので、グランドで死ぬまで戦う。しかしカストルとモンペリエは弱いチームではない・・・

ProD2に落ちるチーム:

ビアリッツとペルピニャンはプロD2に落ちる。フランスの二つ有名なクラブが落ちるのはびっくりですけど、数年前からギリギリだった。ペルピニャンは2009年にダン・カーター選手と優勝した、今年まで103年間フランスラグビーのトップレベルに参加した。ビアリッツは2002年、2005年と2006年に優勝した、アリノルドキ選手、ヤシュビリ選手、ングウェニア選手、トライユ選手などはその時代からラストファイターだ。ペルピニャンの若いインターナショナル選手は移籍する:カミユー・ロペズ選手(Camille Lopez)と セバスチャン・ヴァハマヒナ選手(Sébastien Vahaamahina)はクレルモン、ギレーム・ギラド選手(Guilhem Guirado)とロマン・タオフィフェヌア選手(Romain Taofifenua)はトゥーロン、セバスチャン・タオフィフェヌア選手(Sébastien Taofifenua)はボルドー・ベグル。 ペルピニャンとビアリッツは小さい町だので、お金がどんどん問題になった。オヨナは逆に元からお金がなかったし、ゆっくりでクラブを建てた:2003年にプロD2に入った、プロになったときは2006年、選手はクラブと共に強くなるので長い時間すごす、ウリオス監督は2007年から経営している。ウリオス監督の信念は新しい選手の選び方:「選手を募集するのではなく男に会う!」。この強い倫理観でだからオヨナは最後まで戦えるよ! プロD2からシャバル選手(Chabal)とナレ選手(Nallet)は自分たちのチャレンジに勝った!シャバル選手は止めてナレ選手がもう1年間ラグビーをする。彼らのおかげでリヨンはトップ14に戻る。プロD2のプロモーションのファイナルで勝ったチームはリヨンとTop14に行く。アジャンかラ・ロシェル? ランキングはこちら!

夏のテストマッチ:フランス代表の発表!

トランデュック 選手はいない!タレス選手はSOのナンバー1だので、フランス代表のスタッフはSOとSHのポジションをできる選手を選んだ・・・この選手はミシャラック選手!サントアンドレ監督のリスト

atonio-uini
ウイニ・アトニオ選手のハンドオフ

残念ですが、フランス代表のスタッフから興味をもたれている巨人のラガーマンウイニ・アトニオ選手(Uini Atonio、右プロップ、ニュージーランド出身、197cm、155kg、1990/03/26、現在ラ・ロシェル)はまだフランス代表に入れない(7月から)。 新しい選手は:

  • フェリックス・ル・ブリス: Félix Le Bourhis、CTB/WTB、182cm、87kg、1988/04/07、ボルドー・ベグル
  • レミ・ラムラ(またラメラ):Rémi Lamerat、CTB、184cm、105kg、1990/01/14、カストル
  • アレクサンドル・ニニ(またメニニ):Alexandre Menini、183cm、116cm、1983/08/05、トゥーロン(シーズン中ビアリッツから来た)
ボルドー・ベグルの熱いCTB:フェリックス・ル・ブリス選手
ボルドー・ベグルの熱いCTB:フェリックス・ル・ブリス選手
広告

2013-2014フランストップ14第26節:最後!さよならペルピニャン」への1件のフィードバック

コメントを書く

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中