シャール・ジェリ選手 フランソワ・ステイン選手 モンペリエ ラグビー

モンペリエ:ワイト監督の失敗かアルトラド社長の失敗か?

ガルティエの後継ジャック・ワイト監督(ジェイク・ワイト、Jack White、南アフリカ)はよい思い出を残しませんでした。2016年のヨーロッパチャレンジカップを優勝したのに最初から問題がありました。2017年のプレーオフの負けは最後の失策でした、3年間で色々ありました。しかしモヘド・アルトラド社長(Mohed Altrad)の決定が原因なのではないでしょうか?

1. モンペリエは南アフリカの町?

第一の非難は南アフリカから来た選手が多すぎることです。2012年にペルピニャンから来たジェリ選手(Charles Géli、HO、183cm、100kg、1987/03/26)は「南アフリカの時代」でうんざりになりました。ジャック・ワイトの時代で7回だけスタートメンバーで出ました。怒ったシャール・ジェリ選手は「監督は「あなたがチームから離れたから」と説明した。しかし英語を喋ることはフランスで当然なのか?ビデオ分析の時全部英語でした。本当に残念ですけど、その3年間でラグビーより英語が上手になった・・・自分が海外に居るのなら問題ない、自分が国に適応することは当然ですけど今回70%の選手はフランス語を話せないよ!どうチームに入るの?」といいました。

グラウンドの外の話ばっかりですけど、グランドで南アフリカのラグビーも見ました。特に2015-2016」のシーズンで強いフォワードがモンペリエのメイン引数でした。批判が結構でました:「このラグビーは面白くない」、「フランスのスタイルと関係ない」・・・ですが、モンペリエは最初のタイトルを得ました。

シャール・ジェリ選手 フランソワ・ステイン選手 モンペリエ ラグビー
シャール・ジェリ選手(左)とフランソワ・ステイン選手(右)

2. 「イングランド監督に成りたい」:失礼?

ジャック・ワイト監督は2015年のイングランド代表の監督に成りたかったといいました。モンペリエのファンと忠実な選手はそんなことを許すことはできませんでした。その時アルトラド社長も疑ったみたいでした。

メディアで一番の失礼な行動はフランソワ・トゥラン=デュック選手の場合:最後の試合でしたけど全然出ませんでした。フランスで「Valeurs du rugby」と言うラグビーの道徳的価値観はまだまだ監督に成った元選手、選手とファンの中で大切ですけど、ジャック・ワイト監督は気にしなかった、「プロの時代」と正当化したそのままフランスのラグビーの文化を尊敬しませんでした。その上同じシーズンでチャレンジカップの決勝の時結構レギュラーメンバーのヴェテランマス選手(Nicolas Mas、プロップ)とプリヴァ選手(Thibault Privat、LO)はチームメンバーに入れませんでした。二人の契約がその試合の後、終わることが決まっていたのに・・・

またシャール・ジェリ選手はジャック・ワイト監督と南アフリカから来たコーチたちは、フランスの選手たちは、ゲームのやり方を知らないし、ラグビーが下手だと言っていたと、言及しています。

ワイト監督の行動はアルトラド社長の行動と似てます。シーズン終了のバーベキューで1年間の契約があった6人の選手は急に解任しました。電話なし、面接無し、そのままでした。この6人の中でロビンス・チャレ=ワチュー選手(Robins Tchale-Watchou、LO、1983/05/10、198cm、132kg、カメルーン代表、プロ選手組合の社長)「今まででこんな事初めて」と言いました。ワイト監督は社長と同じ感なしでマネージメントするみたいです。

モンペリエ ラグビー ジャック・ワイト モヘド・アルトラド
モンペリエのジャック・ワイト監督(左)とモヘド・アルトラド社長(右)

3. マネージメントの問題

プロチームのヘッドコーチはまずトップマネージャーですね。

マネージメントはもちろんトップパフォマンスを目指すけど、人間はパフォマンスの原因だので、人間関係とパフォマンスのバランスを気をつけないといけません。可笑しいマネージメントについて、シャール・ジェリ選手は「ずっと出なかったけど急にスタートメンバーになった。出る時コーチはベスト選手になってねと言った。そんな上手い話は映画か本だけで起こることでしょう?と思ったけど。」といいました。

つまりメディアでジャック・ワイト監督の場合はあまり良くないみたいですね。手段はまったく疑わしい事ですが、お金の投資と結果の比に関して総体的に考えるとあまり素晴らしくありませんでした。スタッド・フランセはお金の問題があるけどチャレンジカップを優勝しましたから「パフォマンスがすべて」のこととして失敗ではありませんか?

アルトラドの責任?

ガルティエの承継は簡単ではありませんでした。

アルトラド社長はラグビーのことを分りませんでしたけど、自分で自分の会社を作ったから本当のリーダー、周りの人を選ぶことができると思います。2007年のラグビーワールドカップを優勝したワイト監督の履歴書は良そうだったけど、フランスの文脈に合いませんでした。トヨタは間違うか分りませんが、同じ方法にする事が予想されます。

しかし次の監督はフランス人ではありません。個人的にもいいフランスの監督は少ないです(ギー・ノヴェス監督、ブリーヴのニコラ・ゴヂニョン監督、ファブリス・ランドロ監督とラ・ロシェルのパトリス・コラッゾ監督)。元の理由はフランスのコーチを選ぶことはコーチの能力とあまり関係なく選手時代を見ることだけです。サッカーを見るとモウリーニョ監督とフランスのリーグ1を優勝したジャルディム監督また伝統的なオセールのギー・ルー監督は全然いい選手ではありませんでした。

ニュージーランドの厳しさとフランスの文化の経験があるので、ヴァーン・コッター監督はジャック・ワイト監督とフランスの監督よりにいい監督になると思います。

 

広告

コメントを書く

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中